整形する前にもう一度考えて!!整形のリスクって!?

 昨今「美容整形」という言葉が浸透してきており、一般の人までもがするようになってきました。

「いつまでも美しくありたい」「自分自信を持ちたい」など整形を決意する理由は様々でしょう。

その中でも「失敗」することは大いにありえることでしょう。

ではいったい「整形に失敗する」とはどういうことなのでしょうか。

リスクを考えて見ましょう。

 

「目を大きくすること」は日本人の憧れ

 

「目」に関する整形はもっとも人気のあるもののひとつでしょう。

「目頭切開」「目尻切開」「二重埋没法」など様々です。

日本人の顔の特徴の中に「目が小さく一重」といったものがあげられるかと思います。

そこにコンプレックスを感じている人も多くいるかと思われます。

そしてなぜか、日本人は欧米人に感化されあこがれを持っている節があります。

だからこそ、ハーフタレントが人気を博しているのだろう、と個人的には感じてしまうのですが、、、

そこに近づきたい!と思ってしまうがために「目」を変えようと思う人は多いのかもしれませんね。

しかも医療技術の発展にともない、美容整形の手術時間も短く、以前よりも恐怖心が薄れてきている、とういのもあると思われます。

 

アイドルの顔面崩壊

 

芸能人でも公表はされていませんが、「この人、いじったな」とわかる人はわかります。わかりやすいので。

ネットで「芸能人、整形」と検索をかけると多くのアイドルがヒットします。

特にアイドルは様々なグループが乱立している中で「容姿」へのこだわりは一般人より強いでしょう。「かわいくなければいけない」といった脅迫観念のようなものが存在するのかもしれません。

ある意味、モデルのやせてなければいけない、といった観念と似ているのかな、とも思ってしまいました。

さてアイドル、といえば年齢の若い人たちを想像しますよね。たとえばティーンネイジャー。この年代の人たちはまだ成長期です。顔が変わる可能性もあります。その中で整形を行えば将来どうなるのでしょう?

未来のことなんて誰にもわかりませんよね。それなのに手術を受けてしまうと元々の部分と整形した部分で差がでてしまかもしれません。世間でよくきくいわゆる「崩れた」「顔面崩壊」がこれにあたるのではないでしょうか。

きっとそうなったらまた手術をうけて、「崩れた部分を修正」するのでしょうね。

トレンドに左右されるな!

 

何においてもトレンドとういものがあると思います。それは顔に対してもそうなのではないでしょうか。

たとえば「堀の深い顔」「デカ目」「アヒル口」だとかがあげらると思います。

しかしそれらは自分の顔にあうのとはまた別問題だと思います。はやっているからそうした、でも自分の顔にあわない。そうなってしまうことこそが、整形に失敗する、というリスクことだと思います。

自分の顔に合わなかった、バランスがくずれてしまった、じゃあまた整形して整えればいい。

その繰り替えしがさらにバランスを崩してしまうのではないでしょうか。これも「顔面崩壊」のリスクですね。

整形のリスクとは。。。

成長期に行う整形は将来の自分の変化がありえる可能性もあるため、その時に顔のバランスが崩れてしまうリスクもあります。

トレンドに乗って一部だけ整形をすることで自分のもともとの顔のバランスを崩してしまう。

顔のバランスが崩れてしまうと「顔面崩壊」に繋がってしまう。

そうならないためには成長期での整形はやめましょう。そして安直にトレンドにとらわれないようにしましょう。

美容整形は自身のコンプレックスをいともたやすく取り除いてくれます。でもそれにはリスクがついて回ります。

技術が進歩して手術における危険性は軽減されています。それでも自分の理想の顔ができるかどうかはやってみないとわかりません。

もし、理想と違えばまた手術を受ける、年齢とともに衰えてきたからまた手術する、その繰り返しは自分への負担にもなると思います。

自分の顔だということをまずは考えて後悔のないようにしましょうね!

(※おススメ関連記事→今どきの整形事情【鼻、目元編】リスクとは?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP