手作りヘアトリートメント!悩み別レシピで抜け毛・かゆみ・オイリーを改善

いろいろな種類の市販のヘアトリートメントを試してきたけど、まだ自分にぴったりな製品に出会えていないというあなた。成分を見ても、化学的な成分がたくさん使われているものは、肌に本当に安全なのか少し不安かといって、トリートメントのために美容室に通うのは、お金も時間もかかってしまう

そんなときは簡単に手に入れられるもので、手作りヘアトリートメントを作ってしまえば良いのです!

自分の髪質に合わせて、好きな材料を使い、好きな質感、好きな香りにすれば、カスタマイズも簡単つやつやでさらさらの髪になれちゃいます!

ヘアトリートメントに使える材料は?

手作りヘアトリートメントに使える材料はなんと手軽にスーパーなどで揃えられるものばかり。しかも驚きなのは、髪に良いものは食材が多いのです。

シャワー中に使用するものなので、口に入っても安全なのはうれしいですね。

さらに天然素材を使えば、地肌にも安心!

それでは、どんなものが適しているのか挙げてみましょう。

  • ココナッツオイル
  • アボカド
  • オリーブオイル
  • ごま油
  • はちみつ
  • バナナ
  • りんご酢
  • ヨーグルト、サワークリーム
  • コーンスターチ、コーンミール
  • レモン
  • ビール

などがおすすめです。

髪質別ヘアトリートメントのレシピ

ダメージの強いドライヘアに

ヘアカラーなどで傷んだ枝毛、切れ毛、パサついた髪を修復し、潤いを閉じ込めてくれるのにぴったりなトリートメント。週に23回のケアがおすすめです。

材料:オリーブオイル、もしくはココナッツオイル

作り方:1.1/2カップのオイルと水を混ぜる。

            2.コンロもしくは電子レンジで人肌にあたためる。

使い方:1.頭皮と髪の真ん中と毛先を中心に髪の毛にすり込むようにマッサージする。

           2.ホットタオルもしくはシャワーキャップもしくはラップで頭全体を包み、30分以上置いてから、シャンプーで洗い流す。

毛質の細い、ボリュームアップしたい髪に

ビールの酵母に含まれるたんぱく質やビタミンB群、亜鉛、カリウム、マグネシウムなど

のミネラルが髪の成長を助け、ダメージヘアに栄養を与えることで、健康的な髪に導きます。意外にも、匂いはあまり気にならないので安心です。

材料:ビール

作り方:スプレーボトルにあまり強くないビールを髪にいきわたるくらいの量入れる。

使い方:シャワー後、タオルドライした髪全体にまんべんなくスプレーする。

ハリ、コシのない髪に

乳製品は、髪に残ったスタイリング剤や汚れをやさしく取り除く効果があり、脂肪分が潤いとなって髪を守ります。2週間に1回の使用がおすすめです。

材料:ヨーグルトもしくはサワークリーム

作り方:そのままの状態を使用。

使い方:1.すすいだ髪にヨーグルトもしくはサワークリーム1/2カップを、頭皮をマッサージしながら髪全体にもみ込む。

    220分間放置したのち、ぬるま湯で洗い流し、いつもどおりシャンプー、コンディショナーをする。

広がりやすく、まとまりにくい髪に

アボカドは様々なビタミンとたんぱく質を含み、それが髪への栄養となることで、髪を補修し、不足していた水分を補って、広がりを抑えてくれます。2週間に1回の使用がおすすめです。

材料:アボカド

使い方:1.フォークで潰したアボカドの半分を、頭皮をマッサージしながら、汚れをすすいだ髪全にもみ込む。

      乾燥が気になる場合は、アボカドに卵黄を混ぜます。

    2.15分間放置したあと、ぬるま湯で洗い流し、いつもどおりシャンプー、コンディショナーをする。

日焼け、乾燥した髪に

紫外線やドライヤー、ヘアアイロンなで日々のダメージを受けた髪には、はちみつがおすすめ。髪にもやさしく、潤いも長時間続きます。月に一度の使用がおすすめです。

材料:はちみつ

使い方:1.湿らせた髪に、1/2カップのはちみつをすりこみ、20分間放置する。

     はちみつだけだと粘度が強いため、大さじ12杯のオリーブオイルを混ぜても効果的。

     2.ぬるま湯で洗い流し、いつもどおりシャンプー、コンディショナーをする。

油分の多いオイリーな髪に

頭皮の余分な油分を取り除くには、コーンスターチやコーンミールが効果的です。1日置きに使用するのがおすすめです。

材料:コーンスターチもしくはコーンミール

作り方:コーンミールもしくはコーンスターチ大さじ1杯を小さな穴のあいた空き容器に入れる。

使い方:1.コーンミールもしくはコーンスターチを乾いた髪と頭皮にふれるよう、ふりかける。

    2.10分間置いたあと、ブラッシングして粉を落とす。

かゆみのある頭皮に

酸性のレモン汁は、頭皮の雑菌やフケなどを取り除き、オリーブオイルで頭皮に潤いを補います。モデルのミランダ・カー愛用の手作りヘアトリートメントとしても有名です。

材料:新鮮なレモンジュース、オリーブオイル、水 大さじ2杯ずつ

使い方:1.材料をすべて混ぜ合わせ、湿らせた頭皮にかけ、マッサージしながら揉み込む。

    2.シャワーキャップなどで、頭全体を覆って密封し、2030分間置いたあと、いつもどおりシャンプー、コンディショナーをする。

抜け毛が気になる頭皮に

ごま油の成分が頭皮に新陳代謝を促し、抜け毛や薄毛の予防をしてくれます。ごま油には抗酸化作用があり、細胞が老化するのを防ぐため、老化防止や育毛効果にもなります。

材料:ごま油

作り方:ごま油を湯煎にかけ、人肌にあたためる。

使い方:1.ごま油を手に塗り、髪の毛と頭皮にまんべんなく揉み込み、やさしくマッサージする。

    2. ラップを頭全体に巻いて、2030分間置く。

    3.ぬるま湯で洗い流し、いつもどおりシャンプー、コンディショナーをする。

どんな髪質にも最適なヘアトリートメントとは?

自分は一体どんなトリートメントが向いていて、何から始めて良いかわからないという初心者の方におすすめなのが、万能な卵ヘアパックです。

卵にはレシチンという成分が含まれ、オリーブオイルと混ぜることでビタミンやリン脂質、アミノ酸などの成分が髪に浸透し、傷みを修復して、髪に栄養を与えます。

卵を使用するときは、髪質によって使用すべき卵の部分が変わります。そこで髪質別卵パックの方法をご紹介します。

オイリーヘア卵白

卵白に含まれるリゾチームという成分は殺菌作用や抗炎症作用があり、卵白で頭皮をマッサージすると、余分な皮脂を取り除いてくれる効果があります。

また、地肌がすっきりとするだけでなく、殺菌の繁殖を抑えてくれます。

ダメージヘア黄身+はちみつ+オリーブオイル

くせ毛もまっ直ぐ伸び、ストレートにしてくれるトリートメントです。保湿効果も高く、空気を含んだ軽い髪になります。効果は長い間持続し、1週間ほどツヤが続き、髪の指どおりもとても良くなります。週に1回のケアがおすすめです。

作り方:オリーブオイル大さじ2杯と黄身2個分とはちみつ小さじ2杯をまぜてペースト状にする。お好みでエッセンシャルオイルを足せば、良い香りになり、アロマ効果で癒しの時間に。

使い方:たっぷりと髪にのばし、30分間置いたあと、洗い流す。

まとめ

明日から自宅で作ってみたくなるような、気になる手作りヘアトリートメントのレシピはみつかりましたか?手作りが良いところのは1回分のみつくることが可能なので、手軽にトライできること。自分の髪質にぴったりなレシピがみつかるまで、いろいろと試してみるのもおすすめです。

自家製ヘアパックを始めて、美しい天使のわっかを手に入れてみてはいかがでしょうか?!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP