【四柱推命】通変星でみる性格・適職・恋愛傾向|偏印タイプ

四柱推命とは、陰陽五行説を基礎とした古代中国の占術になり、その歴史は3000年以上も前にさかのぼります。

占星術や数秘術、動物占いと同じく生年月日時をもとに計算した「命式(めいしき)」から性質や運勢を占います。

日本でも中国でもたくさんの流派が存在しているため、命式のどの部分を中心に運勢を読むかは占い師によって異なります。

四柱推命の特徴は、統計学の面もあり非常に的中しやすいところです。

今回は四柱推命の命式からわかる、あなたの基本性質を表す通変成(通変格)の「偏印(へんいん)」について解説していきます!

「月柱」に表れる通変星で性格を読み解く

四柱推命の命式には、四つの柱(年柱・月柱・日柱・時柱)と呼ばれる位置に十干と地支、通変星が表れます。

全部で7カ所ある枠の中の「月柱」に表れる2枠の通変星に注目すると、簡単にあなたの性格を読み解くことができます。

自身だけではなく、気になるあの人への接し方もわかります。通変星は10種類あるのでどのタイプか?一度チェックしてみましょう!

通変星の「偏印」とは?

偏印の性格は

  • 頭脳明晰
  • 目に見えない世界に強い
  • 洞察力
  • 本心を言わない

というところが特徴です。

偏印という言葉には「偏った」や「頭脳」「精神性」という意味があります。

このことから、命式に偏印星が表れる人は「頭脳が明晰」であり、「数学的なことに強く」「洞察力がある」人と読み解くことができます。また、偏印には「精神性」という意味もあり、「目に見えない哲学的なこと」や「学問に強いこと」をも表しています。

通変星「偏印タイプ」の基本性質

偏印タイプの人は、熱しやすく冷めやすい面を持っています。何事も長続きせず、縛られることが大嫌いな性質が特徴的です。

そのために、自由に自分の理想を追い求めて突き進むところがあります。

とにかく、規則やルールに縛られずに生きていたいので、秘密主義な面もあります。

あまり隠すようなことでもないことも、「プライベートに踏み込まれたくない」ために本心は言いません。

そして、仕事よりもプライべ―トを優先させるので、仕事での評価が下がってしまうこともあります。

それでも、偏印の人には素晴らしいアイディアと発想力があるので、誰もが思いつかないことを軽々とやってのけてしまうところがあります。

偏印の人の中には、失敗やスランプという言葉は存在せず、壁に当たってもまた新たなアイディアで切り抜けていくのです。

そんな偏印の人は、周りから「あの人、何を考えているのか分からない…。」と思われてしまい、なかなか内面が理解され難い面もあります。

それでも偏印の人は周りの評価などは気にしていない部分もあります。

偏印タイプの恋愛傾向

偏印の人は、恋愛に対しても自由な傾向があります。 その時の気分によって感情が浮き沈みしますので、異性にはつかみどころがなく「魅力的」に映るでしょう。

しかし、偏印の人は何事もそうですが、「長続きしない」ことが特徴です。なので安定的な恋愛とはほど遠い経験をする人も多いのです。

秘密主義でなかなか異性にも本心を打ち明けることがないので、相手は飽きることがありませんが、偏印の人の気分に振り回されてしまうことも多いでしょう。

それが原因で、なかなか「結婚」には発展しにくい星周りでもあります。

相手が何を望んでいるのかが瞬時にわかる頭の賢さはありますが、自分の感情や気分を優先させるのであえて相手に合わせないこともあります。

偏印タイプのセックス

恋愛においても、たとえ好きな人であっても偏印の人のセックスは、「気分次第」になります。

普段からどれだけ相手を思っていても、セックスする気になれない時は拒否して冷たく接することもあります。

反対に、気分が盛り上がっているときには、それほど相手のことを好きではなくてもセックスしてしまうほど奔放な面があります。

偏印の人にとってのセックスとは相手が好きな気持ちが質として現れるのではなく、気分次第で内容の濃さや質が変わってしまうのです。

セックスそのものへの執着はないので、淡泊な方ですが心と体は別と割り切ってしまえるドライな面は経験豊富となりやすいようです。

偏印タイプの落とし方

決して受け身なタイプではない偏印の人は、気になる異性には積極的に働きかけます。

偏印の人は変わった趣味を持つことが多く、秘密主義の一面がありますが、相手にも自分と同じように行動するべきとはおもっていません。

むしろ、「自分なりの考え」をもっている人に惹かれる傾向が強いです。

ですので、今あなたが取り組んでいる趣味の話をしたり、持論を展開させたりすると意外にも偏印の人は興味をもって耳を傾けてくれます。

ただ、あなたの考えを押し付けることや偏印の人の「テリトリーを侵す」ことは避けましょう。本心をお隠したい偏印の人には、それなりに人との距離の取り方があります。

たとえ仲良くなったとしても「公私混同」してしまうことや「依存」はあまり好まないのです。

偏印タイプの仕事運と適職

偏印の人に向いている職業は、

  • 宇宙関連
  • IT関連
  • 専門職全般
  • 発明家

などがあります。どれも頭脳明晰で個性的な偏印の人にピッタリな職業だといえます。

自由な発想力は、既存のものに縛られることがなく「常に新しい発見」しながら世の中の役に立てます。

偏印の人は「学ぶことそのものが楽しい」と感じているので、専門的に一生涯勉強が必要な職業も全く苦になりません。

むしろ、そのほうが偏印の人は退屈せずに有意義な人生を過ごすことができるでしょう。

ハマれば一つの分野を突き詰めていきますので、気がつけば発明家になっていることもあります。

また、視野が広く柔軟な思考をもっているので一風変わった職業を選ぶこともありますし、基本的にどんな分野でも才能を発揮しやすいです。

未開拓なことを開拓していくことに喜びを感じますので、根っからのクリエイター気質ともいえます。

そんな偏印の人の欠点となるのは、周りとの「協調性の無さ」になります。自分の時間や空間を大切にするあまりに気分屋で、周囲と歩幅を合わせることをしません。

「変わり者」といわれ嫌煙されることもあり、いざという時に助けを得られないので注意が必要です。

偏印タイプの関わり方

いつでも気分次第で過ごす偏印の人ですが、そんな偏印の人と関わるときは、「楽しい気持ち」でいることが大切です。

盛り上がる話をしたり、ゲーム感覚で一緒に遊べるものを選んだり、ショッピングやイベントへ出かけたりと変化をつけると楽しい関係を築くことができます。

偏印の人にとっては、自分と同じように盛り上がってくれるタイプの人は貴重な存在です。

何よりも、偏印の人自身が気分次第で動くタイプですので、同じような感覚の人には心を開きやすいのです。

また、感覚は違っていても偏印の人の話をしっかりと聞いてくれる人も貴重となります。

まとめ

四柱推命の通変星「偏印タイプ」についてご紹介してきました。いかがでしたか?

偏印の人は、頭脳明晰で秘密主義、そしてアイディア豊富な傾向にありましたね。

社交的にはみえますが、人との距離はしっかりととるタイプの方でした。そこには偏印の人なりの考えがあることも理解できますね。

しかし、何事も気分次第で動いてしまうのは欠点にもなります。
自分のことばかりではなく人のことや周りとの調和も考えて行動できれば、協力者も増えることでしょう。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP