【四柱推命】通変星でみる性格・適職・恋愛傾向|比肩タイプ

四柱推命とは、陰陽五行説を基礎とした古代中国の占術になり、その歴史は3000年以上も前にさかのぼります。

占星術や数秘術、動物占いと同じく生年月日時をもとに計算した「命式(めいしき)」から性質や運勢を占います。

日本でも中国でもたくさんの流派が存在しているため、命式のどの部分を中心に運勢を読むかは占い師によって異なります。

四柱推命の特徴は、統計学の面もあり非常に的中しやすいところです。

今回は四柱推命の命式からわかる、あなたの基本性質を表す通変成(通変格)の「比肩(ひけん)」について解説していきます!

「月柱」に表れる通変星で性格を読み解く

四柱推命の命式には、四つの柱(年柱・月柱・日柱・時柱)と呼ばれる位置に十干と地支、通変星が表れます。

全部で7カ所ある枠の中の「月柱」に表れる2枠の通変星に注目すると、簡単にあなたの性格を読み解くことができます。

自身だけではなく、気になるあの人への接し方もわかります。通変星は10種類あるのでどのタイプか?一度チェックしてみましょう!

通変星の「比肩」とは?

比肩の性格は

  • 自我が強い
  • 自立心旺盛
  • 忍耐力がある
  • マイペースで頑固

というところが特徴です。

比肩という言葉には「肩を並べる」「相手よりも抜きん出る」という意味があります。

このことから、命式に比肩星が表れる人は「頑固」や「マイペース」「自我が強い」と読み解くことができます。

通変星「比肩タイプ」の基本性質

比肩タイプの人は、とても意志が固い傾向にあります。ちょっとやそっとでは動かない「自分の意志」を持っています。

表面上は穏やかな性格ですが、芯の部分はしっかりとした自分の考えのもとで行動する人です。

周囲から「こうしたほうがいいよ!」とアドバイスされても、自分のペースを貫いて行動します。

そのため、人の意見を聞かない頑固で自立心旺盛な人として見られがちです。

比肩の人は、自分への確固たる自信とプライドがあります。簡単には人に頼れず、甘えられない面も持ち合わせています。

そして、常に自身の考え方がハッキリしていますので、どんな場面においても物怖じせずに意思表示ができます。

「私はこういう人です」という価値観を表明しておくことで、周りに集まる人に理解してもらえるように種まきをしているのです。

効率的に自分を支持してくれる人を集めておくことで、仕事面でも対人面でも有利になるので意識的に強気な態度をとっていることもあります。

比肩タイプの恋愛傾向

比肩タイプの恋愛傾向は、情熱的に恋愛におぼれることがあります。

いつもはマイペースで冷静を装う比肩の人でも、恋愛となると感情に振り回されてしまう面があります。

自分と同じように相手も「気がある」と勘違いし、玉砕してしまうことも少なくありません。

また、恋愛相手への理想が高く、周囲からも人気な異性を好みますので必然的に「ライバルが常にいる」ような状況です。

しかし、比肩の人はもともとの「負けん気」気質で、 ライバルを蹴散らしてしまうほどの強さをもっています。

たとえフラれてしまっても、未練を引きずったりはせず次々に新しい恋に積極的です。

そんな逞しさをもつ比肩タイプの人ですが…華やかな恋愛をしているように見えて、意外と実際の経験値は少なく一人の人と真面目で誠実なお付き合いをすることが多くあります。

比肩タイプのセックス

情熱的で勝気な本性をもつ比肩タイプの人ですが、セックスも雰囲気よりスポーツを「楽しむ」ような感覚です。

一気に盛り上がる性質をもっているので、時間をじっくりと掛けるよりも、激しく求め合うセックスを好みます。

また、変わった体位にも抵抗はなく、場所を選ばずに欲望に身を任せて盛り上がることが多いです。

セックス後のピロートークはなく、終わればあっさりと日常の生活に戻ることも特徴です。

甘い言葉をささやいたり、雰囲気を作ることにはあまり興味がなく体で確かめ合いたいタイプです。

比肩タイプの落とし方

比肩の人は自分の生き方であったりセンスに自信があります。

そこを上手く褒めることができれば、気持ちが動きやすくなります。

シンプルに「自分を肯定してくれる人」が好きなので、「やっぱりすごいね!」や「さすが!そんなこと思いつかなかった!」などの言葉に弱いですよ。

比肩の人に張り合わずに、上手に手のひらで転がすくらいの器量があったほうがスムーズに恋愛対象となるでしょう。

ここで、ポイントとなるのは比肩の人に「合わせ過ぎないこと」です。

比肩の人は自身の意見を尊重しては欲しいのですが、媚びへつらいべったりと依存するような人には苦手意識が働きます。

なので、あなたの意見もうまく織り交ぜながら、最終的には比肩の人の意見を立てるほうが上手くいきます。

また、切磋琢磨できる関係も意外と上手くいきます。比肩の人は一本気なので、本気で向き合ってくれる相手には同じく本気で関係を考えてくれます。

同じように、自己主張が得意な通変星をもっている人にはオススメの方法です。

比肩タイプの仕事運と適職

比肩に向いているとされる職種は、

  • 営業職
  • 技術職
  • スポーツ関連

になります。比肩の人は、マイペースで自我が強く「自分の人生に責任をもって経験したい」タイプです。

なので、職業面でもその傾向が強く表れ、上司や組織のルールや規則ではなかなか動けないのです。

人からの指示では一切動かず、逆に自分で決めたことには忠実に行動します。

こうした自立性のある性質を活かし、どんどん成長していけるような職種に就くことがオススメです。

また、勝気で勝負事に強いため安定した職種よりも、他者との競争で成長していけるような緊張感のある環境を選んだほうが生き生きとした日々を送れるでしょう。

比肩は「ライバル」がいたほうが燃えるタイプなので、自身の才能を早いうちから自覚し、磨きながら活かせる方向を考えましょう。

企業勤めよりも、小さい会社でも自身で起業した方が性にあっています。

ただ、大勢を率いる社長タイプではないので社員を雇ったりせずに自分だけのペースで仕事をするほうがストレスがないでしょう。

比肩タイプとの関わり方

比肩の人は、自立心旺盛で常に確固たる自己をもっています。

また、勝気で負けず嫌いなので、あなたの自尊心が傷つけられたように感じることも…。

比肩の人についつい張り合ってしまうこともあるかもしれませんが、悪気はなくただ「自分を持っている」だけだと捉えれば気持ちが楽になるでしょう。

そして、比肩の人は何でも自分主体でやらないと気が済まない面を持っています。

なんでも自分の責任下で行動したほうが気が楽だと考えているため、人に頼ることがとても苦手です。

だからといって、何から何まで比肩の人に聞きすぎるのはNGです。

あなた自身も「努力している」という姿勢を示したうえで、比肩の人に具体的に頼ってみるといいでしょう。

「あなたの意見をぜひ聞かせてください!」というスタンスでいると、良好な関係が築けますよ。

まとめ

比肩タイプの性質や恋愛傾向、適職についてご紹介しました。

比肩を命式に持つ人は、自分の意志をしっかりと持ち初志貫徹するパワフルな面がありましたね。

自尊心や自立心が強いので、なかなか他者に甘えることができません。

こうした一面は、人間関係においては損をしたりトラブルに発展する可能性もあるので注意が必要です。

比肩以外の人は、比肩タイプの逞しい面を頼ってみましょう!

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP