【四柱推命】通変星でみる性格・適職・恋愛傾向|印綬タイプ

四柱推命とは、陰陽五行説を基礎とした古代中国の占術になり、その歴史は3000年以上も前にさかのぼります。

占星術や数秘術、動物占いと同じく生年月日時をもとに計算した「命式(めいしき)」から性質や運勢を占います。

日本でも中国でもたくさんの流派が存在しているため、命式のどの部分を中心に運勢を読むかは占い師によって異なります。

四柱推命の特徴は、統計学の面もあり非常に的中しやすいところです。

今回は四柱推命の命式からわかる、あなたの基本性質を表す通変成(通変格)の「印綬(いんじゅ)」について解説していきます!

「月柱」に表れる通変星で性格を読み解く

四柱推命の命式には、四つの柱(年柱・月柱・日柱・時柱)と呼ばれる位置に十干と地支、通変星が表れます。

全部で7カ所ある枠の中の「月柱」に表れる2枠の通変星に注目すると、簡単にあなたの性格を読み解くことができます。

自身だけではなく、気になるあの人への接し方もわかります。通変星は10種類あるのでどのタイプか?一度チェックしてみましょう!

通変星の「印綬」とは?

印綬の性格は

  • コツコツと努力する
  • 学ぶ能力に長けている
  • 優しい
  • 信頼を得やすい

というところが特徴です。

印綬という言葉には「頭脳星」や「学問」「名誉」という意味があります。

このことから、命式に印綬星が表れる人は「優しく」、何事も「根気よく取り組み」「周りに引き立てられる」人と読み解くことができます。また、印綬には「名誉」という意味もあり、「授けること」や「信頼」をも表しています。

通変星「印綬タイプ」の基本性質

印綬の人は頭脳星と言われるだけあり、勉強熱心な人が多いです。

知識欲があるので、知らないことは興味をもって知ろうとしますし、勉強もジャンルを問わず吸収していきます。

しかし、教科書の事を鵜呑みにしたり、誰かの教えをそのまま素直に聞いたりしますので応用的な知識を発揮することは苦手なタイプです。

偏印も同じ頭脳星ですが、偏印の人が自由に知識を応用していくのに対して、印綬の人は教わったことを真面目に知識として詰め込んでいくタイプです。

ですので、上下の関係であったり目上の方の教えや伝統的なことに対しても抵抗なく取り組むことができます。

そのような部分が「物腰が柔らかく、人当たりのいい人」として周りからの評判が良い事も印綬の特徴です。

印綬の人は、人との関係で「一線を引いた関係」を築くタイプです。周りとの摩擦が少なく失敗が少ないです。

また、自分の知っている知識を深めることもできるので、浅い知識にとどまらず奥の深い学問にも抵抗なく挑戦し続けていきます。

印綬タイプの恋愛傾向

印綬の人の恋愛は、気持ちの面よりもより頭の部分が働くタイプです。 振られるとわかっていて告白したり、自分の気持ちを告げるようなことはせず、いつも冷静です。

もし、好きな人がいても猛烈にアピールすることは少なく、勝算を考えてから行動する傾向があります。

印綬の人は意外と、プライドが高いので恋人候補となる人も、スペックの高い人を自然と選んでいます。

例えば、年収や役職だけをみてその人の全てを判断したり、冷静に考えているつもりでも意外と外面的なものには弱い傾向があります。

そして、そう考えるのは自分も相手と同じように「スペックの高い部分がある」と自負しているので、「これくらいできて当然のこと」として相手を選択している節があります。

しかし、印綬の人は、結婚すれば良き妻・良き夫となります。細かい部分もサポートしてくれるので、味方に付けると心強いタイプだといえます。

才能豊かで内に秘めた自信を持っているタイプなので、異性からみても魅力的にみえジャンルを問わずモテます。自分を良く見せるための努力を怠らないのでいつまでも若々しく、印象が良いことが多いです。

印綬タイプのセックス

印綬の人は、基本的にセックスに対しても受け身の姿勢です。印綬の人は礼儀を大切にします。ベッドでも礼儀正しい紳士・淑女な誘いに弱い傾向があります。

また、ベッドの中ではテクニック的なことよりも褒め言葉に弱く、一層盛り上がります。

ただし、こういったムードに流されやすい面は、女性であっても男性であっても軽い人に繋がります。印綬の人は特にステータスに弱く、相手の中身をみずに突っ走ってしまう傾向があります。

また、内面よりも外面に弱いという傾向もありますので、惚れやすくすぐに一夜をともにするということもあります。

結婚してからは、落ち着きますが結婚前は流されやすいので注意が必要です。

印綬タイプの落とし方

気になる人が印綬の場合、アプローチとしては「ストレートに行動する」ことです。

恋愛が人生の重要度として高い印綬の人は、「分かり合える恋人がいればそれで十分」と考えます。

恋愛に対してのハードルが低いので、ストレートにアプローチしてくれる人には真正面から真剣に応えてくれるでしょう。

なので、印綬の人には駆け引きをしたり、恥ずかしがってアプロ―チできないのはもったいないのです。情熱的にアプローチすれば振り向いてくれる可能性が高いです。

ただし、情熱的にアプローチすることと同時に印綬の人への逃げ道を作らないことです。

アピールしたら、そのまま最後まで貫き通してお付き合いまで漕ぎつけましょう。

印綬タイプの仕事運と適職

印綬の人に向いている職業は、

  • 教師
  • 学者
  • 伝統工芸
  • 医者

などがあります。印綬の人の特徴は何といっても「暗記力の高さ」や「勉学への興味」です。

みんなが避けたいようなことも、印綬の人は興味をもって真摯に取り組みます。

また、得た知識は自分だけでとどめておくのではなく、周りの人に共有したり教えたりする才能もあります。

知識面での社会貢献が得意なので、教師や講師関連が最も適しているといえます。

そして、印綬の人は実は「手先も器用」です。ですので、細かいことをするような仕事にも適しています。

コツコツと一つのことを掘り下げて探究することもでき、繊細な感性も持っていますので、代々続くような「伝統的な工芸」や「歴史関係」にも深い興味を示すでしょう。

そんなことから、研究者としても大きな能力を発揮できるでしょう。

印綬タイプの関わり方

印綬の人への接し方は、適度な距離感で関わるということが大切になります。もともと人との距離を取るタイプですので、そこまでベッタリとした人間関係は望みません。

しかし、そんな印綬でも人から理解されたり、褒めてもらえたりすると一気に心を開く傾向があります。

印綬の人の様子をみながら、徐々に距離を詰めると良いでしょう。その際には、印綬の人の良い所を自然に褒めるように心がけてください。

また、印綬の人は勉強が得意で知識が豊富です。知らないことは率先して調べてくれるので、上手に頼ってみると力になってくれるでしょう。

一緒に一つのことについて学んだり、シェアするようにするとなお良いですよ。

まとめ

四柱推命の通変星「印綬タイプ」についてご紹介しました。

印綬の人は、勉強が良くできて人間関係も良好に築ける能力がありましたね。

そんな印綬なので、恋愛でも魅力的で異性にモテるでしょう。しかし、プライドの高い一面も持っており、人をステータスで判断してしまうところもあるようでした。

中身をよく見ずに、外面的なものだけで判断するのは印綬の人にとっても「視野が狭くなる」ので勿体ないことなので注意したいところですね。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP