【四柱推命】通変星でみる性格・適職・恋愛傾向|偏官タイプ

四柱推命とは、陰陽五行説を基礎とした古代中国の占術になり、その歴史は3000年以上も前にさかのぼります。

占星術や数秘術、動物占いと同じく生年月日時をもとに計算した「命式(めいしき)」から性質や運勢を占います。

日本でも中国でもたくさんの流派が存在しているため、命式のどの部分を中心に運勢を読むかは占い師によって異なります。

四柱推命の特徴は、統計学の面もあり非常に的中しやすいところです。

今回は四柱推命の命式からわかる、あなたの基本性質を表す通変成(通変格)の「偏官(へんかん)」について解説していきます!

「月柱」に表れる通変星で性格を読み解く

四柱推命の命式には、四つの柱(年柱・月柱・日柱・時柱)と呼ばれる位置に十干と地支、通変星が表れます。

全部で7カ所ある枠の中の「月柱」に表れる2枠の通変星に注目すると、簡単にあなたの性格を読み解くことができます。

自身だけではなく、気になるあの人への接し方もわかります。通変星は10種類あるのでどのタイプか?一度チェックしてみましょう!

通変星の「偏官」とは?

偏官の性格は

  • 親分肌・姉御肌
  • 義理人情に厚い
  • 責任感がある
  • 改革性がある

というところが特徴です。

偏官という言葉には「偏る」や「極端」と「官」が合わさって「地位や名誉にこだわらない」という意味があります。

このことから、命式に偏官星が表れる人は「改革心」があり、「仁義的」で「責任感」がある人と読み解くことができます。また、偏官には「野生的」「頭脳派」という意味もあり、大胆な行動や考えをもって改革を起こすことも表しています。

通変星「偏官タイプ」の基本性質

偏官タイプの人は、正官タイプと同じく官史があることから「地位」や「名誉」と関係しています。

正官の場合は地位や名誉を守るために堅実で保守的な行動をとりますが、偏官は自身の保守よりも周りの人のために戦う姿勢がみられます。

そのため、既存の地位やルールなどを打ち破り、「改革精神」に溢れるところが特徴的です。

そんな行動力溢れる偏官の人は、「せっかち」なことも特徴の一つです。また、「白黒ハッキリしたい」面や「気性が激しい」傾向もみられます。

もともとが人の為に改革を起こす人なので、面倒見が良い姉御肌・親分肌となります。偏官を慕う人物も多く、いつでも行動と実績を重んじるので信頼感もあります。

自分を大きく見せたりはしないのですが、慎重なタイプではないので思ったことはすぐに口に出してしまい、誤解されてしまうこともあります。

それでも、自分の立場はわきまえているので嫌われてしまうことも少ないタイプです。

偏官タイプの恋愛傾向

偏官の人の恋愛傾向は、気性の激しさがより一層出てしまうことになります。

もともと「好きか嫌いか」がハッキリとしている偏官なので、恋愛においても波の激しい付き合いとなります。

情熱的かと思いきや、急激に冷めてしまうことも…。感情にムラがあるために、パートナーも疲れてしまい振り回されるのが嫌で離れてしまうこともあります。

そして、白黒ハッキリしているので、間違っていると感じたことは厳しく責めてしまうこともあります。

安定的で器の広い相手を選ぶと長く関係が続くでしょう。

また、偏官の人は洞察力に優れていますので、浮気や嘘は簡単に見抜いてしまいます。そのため、裏切られずにいてくれる相手を選べるという利点もあります。

しかし、あまりにも相手に詮索をいれすぎると不快にさせるので気を付けたほうが良いでしょう。

偏官タイプのセックス

偏官の人は、気が強く見られがちですが、意外にもセックス面では「ロマンティック」なムードに弱いところがあります。

ただ、本質的には自分が「主導権を握っていたい」タイプ。なので、甘えながらもグイグイと相手を自分のペースにもっていくことが上手です。

年上の経験豊富な人よりも、年下の経験が乏しい人とのセックスの方が盛り上がるでしょう。

偏官の女性は、女らしい性を活かして相手に合わせることができ、偏官の男性は男らしく上手にリードすることができるので、基本的にセックスで大きな失敗はないでしょう。

偏官タイプの落とし方

気になる異性が偏官の人である場合、偏官と同じく、身軽に行動できるようにしておくことが大切です。

偏官は、基本的に「せっかち」です。気になったことや場所へはすぐにでも駆けつけて「確認」しておきたいのです。

そんなときに、誰か一緒に同じテンポで歩んでくれる人がいた場合、その人の事が気になるでしょう。

価値観や行動パターンが同じなら、なお良しで何かあれば「あの人を誘おうかな…。」という気持ちにもなりやすいでしょう。

ただし、気をつけないといけないことは「興味を持ってもらいたいあまり、詳しいフリをする」こと。洞察力の優れている偏官の人は、嘘はすぐに見抜いてしまいます。

あなたの興味が嘘だとわかれば逆効果なので、素直に「詳しくはないけど、あなたがすることを見ていたい」と打ち明けたほうが効果的で喜ばれるでしょう。

偏官タイプの仕事運と適職

  • 芸能界
  • レポーター
  • 記者
  • カメラマン

などがあります。長期的な仕事を手掛けるよりも、変化に富んだ仕事のほうが能力を発揮しやすいです。

土壇場の適応能力が高く、みんなが怯んだり、遠慮したりするところも臆せずに「その場で求められている空気」を醸し出すことができます。

また、偏官の人は「競争心」もあるので、人一倍負けず嫌いだったりします。勝つ為に努力ができ、ライバルがいるほどますます「直感力」に磨きがかかります。

また、ジッとしていることを嫌いますのでデスクワーク系は不向きです。忙しいほど生き生きとしますので、仕事自体が好きなタイプです。外で活躍できる職業が向いています。

そんな偏官の人には、一緒に切磋琢磨できる仲間がいるとさらに能力が伸びる傾向があります。

自分のやり方と他者のやり方を比較し、お互いに良い所を伸ばしあえる関係が偏官にとって理想です。

偏官タイプの関わり方

頭脳派で行動力に溢れる、偏官の人と関わるときは、同じくあなたも情報収集に徹しておいた方がいいでしょう。

偏官の人は、すぐに質問したことや疑問におもったことの「回答」がパッと欲しい人です。

勘が鋭く、行動力のあるひとには「同じタイプ」だと認識し一気に心を開いてくれます。

お仕事仲間の場合、こうした情報力が偏官と良い関係を築くカギとなります。

上司の人が偏官タイプの場合は、とくに「話のはやい人」が好きで、そういう人にどんどん仕事を任せる傾向があります。

偏官の人の疑問を先回りして調べておくと「できるやつ」とみなされます。

また、言葉数が少なくてすむということにもなるので、結果を急ぎやすい偏官の人にとっては効率的で好印象を与えます。

部下や友達が偏官の人なら、とにかく偏官が興味をもっていることに理解をすることや、信頼することが大切になります。

何を考えているのか分からない偏官の人が、「日ごろから何を思っているのか?」よく観察しておく必要があります。

まとめ

四柱推命の通変星「偏官タイプ」についてご紹介しました。

偏官の人は、変化を怖れずに新しいことを創る能力に優れていましたね。その上、面倒見の良い部分もあり、理想の上司のようなタイプでした。

しかし、何事にも慌ただしくせっかちな点は、プラスに働くこともあればマイナスにもなりますよね。

時には周りの人とゆったりと寛いでコミュニケーションをとれるよう心がけると、ますます好感度がアップするのではないでしょうか。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP