【四柱推命】通変星でみる性格・適職・恋愛傾向|偏財タイプ

四柱推命とは、陰陽五行説を基礎とした古代中国の占術になり、その歴史は3000年以上も前にさかのぼります。

占星術や数秘術、動物占いと同じく生年月日時をもとに計算した「命式(めいしき)」から性質や運勢を占います。

日本でも中国でもたくさんの流派が存在しているため、命式のどの部分を中心に運勢を読むかは占い師によって異なります。

四柱推命の特徴は、統計学の面もあり非常に的中しやすいところです。

今回は四柱推命の命式からわかる、あなたの基本性質を表す通変成(通変格)の「偏財(へんざい)」について解説していきます!

「月柱」に表れる通変星で性格を読み解く

四柱推命の命式には、四つの柱(年柱・月柱・日柱・時柱)と呼ばれる位置に十干と地支、通変星が表れます。

全部で7カ所ある枠の中の「月柱」に表れる2枠の通変星に注目すると、簡単にあなたの性格を読み解くことができます。

自身だけではなく、気になるあの人への接し方もわかります。通変星は10種類あるのでどのタイプか?一度チェックしてみましょう!

通変星の「偏財」とは?

偏財の性格は

  • 人当たりが良い
  • 財に恵まれる
  • 商売上手
  • 多趣味多才

というところが特徴です。

偏財という言葉には「流動する財」や「財を動かす」という意味があります。

このことから、命式に偏財星が表れる人は「財に恵まれ」、「お金を動かし」「多趣味多才」な人と読み解くことができます。また、偏財には「魅力」という意味もあり、「カリスマ性」や「人脈があること」も表しています。

通変星「偏財タイプ」の基本性質

偏財タイプの人は、名前に「財」と付くだけあって、正財星と同じくお金や財産となるものとの縁が深くなります。

ただし、正財のように「貯蓄」したり「着実に進める」ようなタイプではなく、偏財の人は「お金を回転させる」性質を持っています。

出たり入ったりを繰り返すので、貯蓄は出来ないのですが「適切なところにお金を回す」ことを得意とします。

また、流動するということから、趣味や才能も多く「ひとつにコツコツと集中する」ことは苦手とします。

何事も着手するとそれなりの結果がでるタイプで、興味も他に移りやすいです。そのぶん視野が広くなり、どんな分野の人からも信頼されやすく、そうした人脈がビジネスに繋がることも多いです。

そして、偏財の人は「お世話好き」で「優しい」一面もあります。気が利くほうなので、困っている人にはサッと手を差し伸べ、サポートしようとします。

しかし、つい「お節介」にもなりがちで、相手が望んでいないことまでやってしまうことも…。こうした部分には注意が必要です。

偏財タイプの恋愛傾向

偏財の人の恋愛傾向は、「移り気ある恋愛」となることが多いです。

偏財の人はあちらこちらに気が散りやすい傾向があり、気分にもムラが出やすいので恋人がコロコロと変わることもあります。

ただ、人に関しては「優しく」「気が利く」ために男女とわずモテる傾向にあります。

ムードを大切にし、相手が求めていることが瞬時にわかるところがあるので、どんなジャンルの人にも好かれやすいです。

女性の場合は、専業主婦タイプではなく外にでて趣味を仕事にしたり、投資や株でお金に対する分野で頼りになる存在です。

男性の場合、「偏財」の星そのものが「色欲の星」とも言われ、心が次々と移ろいやすく分け隔てなく接するので、「浮気や不倫」などに発展しがちになります。

優しいので誘惑も多い星となります。せっかくの才能も、不道徳な行いにより足元をすくわれることとなりますので、異性関係ではとくに注意が必要です。

偏財タイプのセックス

正財の人は、セックスに置いても好奇心旺盛です。気になる体位やプレイはドンドン試してみるでしょう。

もともと自由な発想をもっているので、一人の人には収まらず、複数の人に刺激を求めることもあります。

飽きやすい傾向があるので、自らセックスについて積極的に探究していきます。

もちろん、カラダだけではなく「心のつながり」も重要視しますので、密度の濃い時間を過ごすことになります。

偏財の人がパートナーであれば、飽きさせないような工夫が必要です。コスプレやムード作りなどを進んで一緒にやっていくと夢中になってくれるでしょう。

偏財タイプの落とし方

気になる異性が偏財の人であれば、まずは自分も偏財の人と同じように「人を大事にする」ことです。

偏財の人は、基本的にどんな人へもリスペクトがあります。なので、人をぞんざいに扱う人を嫌います。

偏財の人に振り向いて欲しいときは、共通の友達なども交えて仲良くできることが重要なポイントとなります。

人との付き合いを大切にしますので、人のことを悪く言う人を信用しません。たとえあなたが、嫌いなタイプの人間だとしても、偏財の人の前では「悪口は避ける」ことです。

また、共通の友人を増やすことで偏財の人の信頼を得られることになります。積極的に友人作りをしましょう。

例えば、みんなで一緒に盛り上がれるような企画を提案したり、偏財の人の人脈に積極的に参加させてもらったりして徐々に距離を縮めてみましょう。

偏財タイプの仕事運と適職

偏財の人に向いている職種は、

  • 営業職
  • サービス業
  • 自営業
  • 旅行関係

などがあります。偏財の人にとって、仕事は趣味の一環でもあります。

何にでも興味を持ち、軽いフットワークで仲間を次々につくり、経験をしていくことができるので大抵の仕事は楽しんでできます。

ですので、逆にデスクワークや事務系、公務員など「決まったことをきちんとこなさないといけない」ような仕事は向いていません。

人々に「魅力を伝える」ことが得意なので、旅行ガイドやサービス業、営業などであれば能力を発揮することができるでしょう。

また、お金の使い方が上手なこともあり、実務的なセンスを鍛えれば自営業も向いています。これまで誰もやらなかった新規事業を立ち上げて、楽しく仕事をすることができます。

偏財タイプの関わり方

偏財の人は、とにかく好奇心が旺盛なタイプ。周囲から見ても、「自由な人」と認識されるくらい、自他ともに認める「自由人」です。

しかし、自由すぎる発想や行動に誰もついていけない面もあります。そのことは偏財の人からみても分かっていることで、やや孤独を感じやすい傾向もあります。

なので、偏財の人と接するときは、できるだけ「偏財の価値観を知る」姿勢が大切になります。

たとえ初めから納得できなくても、自分の考えを理解しようとしてくれる態度は、偏財にとって好印象です。

人の意見もくみ取れる偏財の人は「この人なら、是非仲良くなりたい!」という気持ちになるでしょう。

また、偏財の意見を全て受け入れるのではなく、「自分のベースとなる考え」も一緒に伝えるとなお良いでしょう。

偏財の人は、自己顕示欲が強めですが頑固なタイプではないので、「キチンとした自分なりの考え」がある人の発言なら肯定的に聞く姿勢を示しますよ。

まとめ

四柱推命の通変星「偏財タイプ」についてご紹介いたしました。いかがでしたか?

偏財タイプの人は、「好奇心旺盛」で「お世話好き」、そして「自由人」なところがありましたね。

あちこちに興味がそれてしまうので、一つのことにジックリと向き合うことは苦手なようです。

こうした面は不利になることも…。偏財の人は飽きない工夫をすることが大切になりそうですね。

また、お金が入っても出ていきやすいことから、節約や倹約についての情報力もつけるとより能力が発揮されそうですね。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP