【四柱推命】通変星でみる性格・適職・恋愛傾向|正財タイプ

四柱推命とは、陰陽五行説を基礎とした古代中国の占術になり、その歴史は3000年以上も前にさかのぼります。

占星術や数秘術、動物占いと同じく生年月日時をもとに計算した「命式(めいしき)」から性質や運勢を占います。

日本でも中国でもたくさんの流派が存在しているため、命式のどの部分を中心に運勢を読むかは占い師によって異なります。

四柱推命の特徴は、統計学の面もあり非常に的中しやすいところです。

今回は四柱推命の命式からわかる、あなたの基本性質を表す通変成(通変格)の「正財(せいざい)」について解説していきます!

「月柱」に表れる通変星で性格を読み解く

四柱推命の命式には、四つの柱(年柱・月柱・日柱・時柱)と呼ばれる位置に十干と地支、通変星が表れます。

全部で7カ所ある枠の中の「月柱」に表れる2枠の通変星に注目すると、簡単にあなたの性格を読み解くことができます。

自身だけではなく、気になるあの人への接し方もわかります。通変星は10種類あるのでどのタイプか?一度チェックしてみましょう!

通変星の「正財」とは?

正財の性格は

  • 慎重
  • 堅実
  • 家庭的
  • 貯蓄好き

というところが特徴です。

正財という言葉には「蓄財」や「動かぬ財」「固定の財」という意味があります。

このことから、命式に正財星が表れる人は「着実性」があり、「貯蓄第一」で「慎重」な人と読み解くことができます。また、正財には「愛情」という意味もあり、「家庭的」で「女性的」であることも表しています。

通変星「正財タイプ」の基本性質

正財タイプの人の特徴は、正財という名の通りとても「堅実」な考えをもつことが特徴です。

特に、人生はまず第一に「お金が大切」という価値観を持っているので、将来を見据えてコツコツと貯金します。

そんなことからも、「慎重」で「石橋を叩くタイプ」だということができます。こうした考えは性格全体に影響し、「失敗を極度に怖がる」ような臆病さも出てきます。

真面目で几帳面、そして家庭的な愛情を持っているので結婚して家族を持つと、とても良い「母・父」となるでしょう。

「女性性」が強い星なので、女性には良いのですが、男性だと「迫力」や「男らしさ」に欠けてしまうこともあります。

また、コツコツと確実な道を進むことから、面白みに欠けてしまい「地味」な印象を持たれてしまうこともあります。

ですが、決めたことにはいつも「責任感」を持って歩むので「信頼」できる人物です。

正財タイプの恋愛傾向

正財の人の恋愛傾向は、「ロマンス」よりも「現実的」なもの。ロマンチックな展開を夢にみないわけではないのですが、どうしても恋愛をすると「結婚」の二文字が頭をよぎります。

恋愛を楽しむよりも、将来への具体的な設計を思い描くほうが正財にとってはワクワクするものです。

そんなことから、一時的なノリや気持ちではなかなか動かず、好きになることもありません。

たとえ、恋愛の相手であってもしっかりと相手の性格を見極めてからお付き合いをします。

軽いタイプではなく、変化にも富んでいないので「つまらない…。」と思われることもありますが、そういう相手はそもそも選びません。

もし、刺激を求める相手であったとしても正財の人は、無理に相手に合わせるくらいなら別の人を選んだほうが「お互いのため」というクールな視点ももっています。

正財タイプのセックス

正財タイプのセックスは、基本的な性格の影響もあり「面白味に欠ける」ことになります。

積極的にセックスを楽しむというよりも、相手が「求めることに答える」という姿勢なので受け身が強くなります。

変わったスタイルのものは恥ずかしくて全力で拒否をするでしょう。至ってノーマルなセックスを好みます。

ただ、いつまでも純粋な気持ちで、恥じらいを持って接していくので「新鮮さ」は失われずに済みます。

ずっと純粋でピュアなセックスができるので、それはそれで安らぐものとなるでしょう。

正財タイプの落とし方

気になる異性が正財の人なら、アプローチも「地味で着実なもの」になります。

正財の人は、派手さや華やかさよりも「実利」を重んじます。「この人と将来もやっていけるか?」というところを冷静に見ています。

ですので、分かりやすく「性を露わにしたアプローチ」には見向きもせず、「軽い人」と見られ逆効果になることもあります。

正財の人を落としたいのであれば、直接に向き合うよりも、自身を磨きあげる努力をした方が振り向いてもらえます。

例えば、「この資格をとるために、今○○な取り組みをしている」というような具体的な計画をさりげなくシェアすると間接的なアプローチになります。

このときに、同時に正財の人の「見解」や「アドバイス」を求めてみると効果的です。

また、正財の人は「家庭的」な人にも弱い傾向があります。自分と同じ歩幅で歩んでくれそうな人には自然と好感を持ちます。

分かりやすく、「料理」や「掃除」、「子どもが好き」などのアピールも効果的でしょう。

女性であっても男性であっても、「金銭感覚が合うかどうか?」はシビアにチェックしているポイントですので、お金にルーズな人はNGとみなされてしまいます。

自分と同じようにお金を上手に扱う人に惹かれる傾向もあります。

正財タイプの仕事運と適職

正財タイプの人に向いている職業は、

  • 公務員
  • デスクワーク系
  • 教師
  • 銀行員

などがあります。基本的に、その場の空気に応じて「臨機応変」に対応しないといけないような仕事は不向きになります。

正財の人は、コツコツと着実に成果を出していくタイプです。その場凌ぎのことは決してせず、過去からの積み重ねで実績を創り上げていきます。

目先の利益に踊らされることはなく、目の前の仕事に真摯に向き合い続けます。こうしたことから、教師や銀行員、デスクワーク関係で目覚ましい成功を納めます。

基本的に、与えられた仕事には責任をもって努力するので、どんな職種を選んでも周囲からの引き立てが得られバランスよくこなすことができます。

また、感情的になることも少なく「理性的」な部分があるので判断力もあります。謙虚で真面目、身の丈をわきまえる姿から仕事での失敗は少ないと言えます。

正財タイプの関わり方

正財の人と接する時は、誠実な態度」と、「真摯な態度」が大切です。正財の人が他人に心を開くときに欠かせない要素は、「ちゃんとしている」というところです。

社会的なルールを守ることや、常識的な態度が正財の人にとってポイントが上がるところです。

「自分と同じ価値観」だということがわかると、慎重な正財の人もすぐに心を開いて安心してくれます。

また、正財の人は「真面目で面白味のない自分」をコンプレックスに感じている場合もありいます。

そんな時に隣で、同じように堅実なタイプの人をみると安心して「自分はこれでいい」という自信に繋がるでしょう。

無理に合わせる必要はありませんが、慎重で少し臆病な正財の人に対して「失敗しても大丈夫」ということを伝えてあげると良好な関係を築くことができますよ。

まとめ

四柱推命の通変星「正財タイプ」についてご紹介しました。

正財の人は「几帳面」で「堅実」、そして「家庭的」なことが特徴でしたね。

また、お金の管理には人一倍シビアなところがありましたね。

貯蓄が得意なので、夫や妻にするなら安心なタイプですよね。また、何事も真摯に取り組む姿勢はいつか大きな成果も生むことになるでしょう。

ただ、小さな枠にとどまってしまうところは欠点でもあります。視野をできるだけ広げる努力ができれば、鬼に金棒ではないでしょうか。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP