【四柱推命】通変星でみる性格・適職・恋愛傾向|傷官タイプ

四柱推命とは、陰陽五行説を基礎とした古代中国の占術になり、その歴史は3000年以上も前にさかのぼります。

占星術や数秘術、動物占いと同じく生年月日時をもとに計算した「命式(めいしき)」から性質や運勢を占います。

日本でも中国でもたくさんの流派が存在しているため、命式のどの部分を中心に運勢を読むかは占い師によって異なります。

四柱推命の特徴は、統計学の面もあり非常に的中しやすいところです。

今回は四柱推命の命式からわかる、あなたの基本性質を表す通変成(通変格)の「傷官(しょうかん)」について解説していきます!

「月柱」に表れる通変星で性格を読み解く

四柱推命の命式には、四つの柱(年柱・月柱・日柱・時柱)と呼ばれる位置に十干と地支、通変星が表れます。

全部で7カ所ある枠の中の「月柱」に表れる2枠の通変星に注目すると、簡単にあなたの性格を読み解くことができます。

自身だけではなく、気になるあの人への接し方もわかります。通変星は10種類あるのでどのタイプか?一度チェックしてみましょう!

通変星の「傷官」とは?

傷官の性格は、

  • ストレートな物言い
  • 傷つきやすい
  • 直観的
  • センスがある

というところが特徴です。

傷官という言葉には「傷つく」や「傷つける」「聡明」という意味があります。

このことから、命式に傷官星が表れると、「頭の回転が速く」、「直感力に優れ」「傷つきやすい」人と読み解くことができます。また、傷官には「芸術的センス」の特徴もあり、「無から有を生む」独創的な面もあります。

通変星「傷官タイプ」の基本性質

傷官タイプの人は、頭の回転が速く聡明な一面を持っています。鋭い観察眼と、ストレートな物言いをします。

はっきりと思ったことは主張できますが、相手の気持ちをくみ取れず「無神経な人」といわれることも。

その反面で、自分自身も同じく繊細で傷つきやすい性質をもっています。ですので、人間関係においてはトラブルが生じやすく、誤解を受けやすいことがあります。

また、傷官には「傷官美人」という言葉が存在するほど、命式に傷官を持つ人には「美人」が多いというデータがでています。美人でストレートな物言いをするので、クールで強気な人と余計に誤解されることとなります。

なかなか心を開けずに、また束縛も嫌うために孤立しやすい傾向もあります。しかし目立つことは好きではありません。

友達関係では、「すごく仲のいい人」と「あまり仲良くない人」の差が激しいことが特徴です。

自分自身に対して、謙虚に向き合ってくれる人には心を開いて接しますが、それ以外の人には「どうでもいい」というような態度をとる傾向にあります。

傷官タイプの恋愛傾向

傷官タイプの恋愛傾向は、繊細な感性が全面に表出し、障害があるほど相手への情熱が燃えてしまいます。

そんなことから、気付けば「道ならぬ恋」や「三角関係」に発展しているということも…。

恋愛ではとくに感情の起伏が激しくなりがちで、自身の感情を上手くコントロールできません。

傷官の人には美人や男前が多いので、とてもモテます。顔の造形を抜きにしても、繊細で独特な感性が外側に漏れ出ているので異性を引き付ける特徴があります。

しかし、他の人間関係では耐えれることでも恋愛となると、一気に抑圧しているものが出てしまい異性間でのトラブルに発展することも少なくありません。異性にやや「重たい」印象を与えてしまうことも。

傷官の人が結婚に至るには、こうした感情面でのコントロールが上手にできるか?が鍵となります。

傷官タイプのセックス

傷官の人のセックスは、ロマンチックなものを求め「相手との一体感を感じていたい」傾向が強いです。

傷官の人は器用に、「攻め」でも「受け」にでもなれるタイプなので、セックスそのものを楽しみます。

傷官の人にとってのセックスは、誘惑するところから始まり、最期のピロートークまでがセットになります。

そのため、丁寧に口説き、セックスに夢中になってその後もイチャイチャすることが大好きです。

ムードを壊すようなことは決してしないので、肉体的な相性から離れられずおぼれてしまう人も多いといえます。

しかし、気分のムラが激しいところはあるので、その気がしない時は一切の触れ合いを拒否してしまうこともあります。

傷官タイプの落とし方

傷官の人は、感性が発達してるタイプですので、回りくどいアプローチは向きません。

いわゆる「良い人」を演じたり、「駆け引き」をしてもすぐに見抜いてしまうところがありますので、ストレートに気持ちを打ち明ける方が好感を持つでしょう。

また、傷官の人を落としたいとき、傷官の人が苦手な人付き合いの部分をフォローしていくと良い印象をもたれやすいです。

傷官の人と他者の間に生じたトラブルを、上手につなぐような役割を積極的にすると良いでしょう。

ただし、さりげなくフォローすることが重要です。傷官の人は、人付き合いが「上手に出来ればいいな」と考えていますし、上手くできないことに「コンプレックス」を抱えている人も少なくありません。

こうした傷官のプライドを傷つけないようにすることが大切になってくるのです。

そして、傷官の人自身の「思い込み」で、他者の人を悪い方へと誤解しているところもあります。

そんな傷官の人を、優しく諭すように「○○って意味じゃない?」と良いイメージを伝えてあげたり、「あなたの◯◯の部分を褒めていたよ」と教えてあげると思い込みから解放されるでしょう。

上手くフォローしてくれるあなたに、ずっと傍にいて欲しいと感じ、きっと絶大な信頼を寄せてくれることでしょう。

傷官タイプの仕事運と適職

傷官の人に向いている職種は、

  • 技術職や研究職
  • 弁護士
  • 評論家

などがあります。傷官の人は、様々な場面でも自分の思ったことをストレートに発言したり指摘できる力があります。

誰もが「言いにくい事」をズバッと気持ちよく発言してくれるので、共感してくれる人も表れやすいです。

しかし、その反面では、人との協調性という面において人間関係で悩むことになります。自分のペースで能力が発揮しにくいことにも繋がり余計なストレスを抱えることに…。

仕事といえども、人との関係は大切ですので、組織や集団でのお仕事は不向きです。初めから選ばないようにしたほうが良いでしょう。

なので、傷官の人が伸び伸びと仕事をするには、専門性の高い技術や見解を必要とする分野でフリーランスとして活躍することです。

また、傷官の人は、批判的な面だけではなく、肯定的な面にも細かく目をつけて発言しますので信頼されやすいです。

傷官タイプの関わり方

ときに「触れられてほしくない」ところにも傷官の人はズバッと言ってくることがあります。

そんな時はとてもショックで傷ついたりもするのですが…反対に「どうしたらいいと思う?」とアドバイスを聞いてみると効果的です。

物事の本質をとらえることが得意で頭の回転が速い傷官の人なので、何通りかのアドバイスを提案してくれるかもしれません。意外と間違っていることは言わないタイプなので、長い目でみるとあなたのためになることもありますよ。

そして、実は傷官の人自身も「繊細な面」を持っています。そうでないとなかなか細かいところまで見ることはできません。そんなデリケートな部分を包み込むように、優しく接することで関係が良好なものになりますよ。

まとめ

四柱推命の通変星「傷官タイプ」についてご紹介しました。

傷官の人は、とてもストレートな物言いと頭の良さが特徴的でしたね。

強そうな反面、本人自身も繊細な一面があるようでした。

傷官の人は、思ったことは言わずにいられない部分があります。

言い回しやタイミングに気をつけると、不要な誤解を生まずに、円滑に過ごせそうですね。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP