【四柱推命】通変星でみる性格・適職・恋愛傾向|食神タイプ

四柱推命とは、陰陽五行説を基礎とした古代中国の占術になり、その歴史は3000年以上も前にさかのぼります。

占星術や数秘術、動物占いと同じく生年月日時をもとに計算した「命式(めいしき)」から性質や運勢を占います。

日本でも中国でもたくさんの流派が存在しているため、命式のどの部分を中心に運勢を読むかは占い師によって異なります。

四柱推命の特徴は、統計学の面もあり非常に的中しやすいところです。

今回は四柱推命の命式からわかる、あなたの基本性質を表す通変成(通変格)の「食神(しょくしん)」について解説していきます!

「月柱」に表れる通変星で性格を読み解く

四柱推命の命式には、四つの柱(年柱・月柱・日柱・時柱)と呼ばれる位置に十干と地支、通変星が表れます。

全部で7カ所ある枠の中の「月柱」に表れる2枠の通変星に注目すると、簡単にあなたの性格を読み解くことができます。

自身だけではなく、気になるあの人への接し方もわかります。通変星は10種類あるのでどのタイプか?一度チェックしてみましょう!

通変星の「食神」とは?

食神の性格は

  • 柔軟性がある
  • 食べることに困らない
  • 自由人
  • 何事も諦めやすい

というところが特徴です。

食神という言葉には「衣食住の神」や「食通」「快楽」という意味があります。

このことから、命式に食神星が表れる人は「穏やかさ」があり、「衣食住に恵まれ」「流されやすい」人と読み解くことができます。また、食神には「子ども」という意味もあり、「純粋さ」や「素直さ」をも表しています。

通変星「食神タイプ」の基本性質

食神を命式に持つ人は、衣食住に恵まれるラッキーな運勢のあるタイプです。

困ったときにはふと助けられるので、本人が努力をしなくても欲しいものを手にすることもあります。

そのため、特に強い欲求も枯渇感もないのでマイペースで優しい人として見られがちです。

ただ、注意したいことは、特に頑張って手に入れる必要もないので「怠け癖」が出やすいことといえます。

他者を受け入れる柔軟性と、子どもっぽい純粋な心が人をひきつけますます運に恵まれます。

いつも楽しいことや、気分の乗ることを優先させるので、大きな何かを成し遂げることも少ないです。

もともと無理をしない自然と生きるタイプなので、周りからは緊張感がなく妬まれることもありますが、不思議と気に入られることの方が多いことも特徴です。

甘え上手で、魅せ方上手なところは食神タイプの独特の天性でしょう。

目立ちたがり屋な一面もありますが、周囲を押しのけてでも「目立ってやろう」という気持ちはないので、人間関係においても摩擦が少なくストレスも抱えにくい気質です。

食神タイプの恋愛傾向

癒し系の雰囲気から、とくに恋愛が得意なわけでなく「受け身」なタイプです。

なので、出会っていきなりお付き合いするということや、お見合いなどは向かない気質です。

長年の幼馴染や友人、知人から恋仲に発展しやすいタイプですので、じっくりと信頼関係を構築してから選ぶでしょう。

自分の個性を打ち出すタイプではなく、ガツガツもしていないのですぐに恋愛対象として見られることも少ないといえます。

また、ストレスを感じていても「ま、いっか」とすぐに忘れてしまうので、相手に過度な期待をしないことも特徴です。

そんな食神の人の雰囲気が、恋人の居心地を良くします。その反面で、「ほんとうに自分のことが好きなのかな?」とパートナーを不安にさせてしまうこともシバシバ…。

癒しの雰囲気を醸し出しながらも、心はピュアで子供っぽいところがあるので、どこか放っておけないタイプでもあります。

食神タイプのセックス

食神タイプのセックスは、和やかな印象とはうって変わって、とてもテクニシャンな一面をみせます。

これは食神のサービス精神のある面が強くでるためです。相手を喜ばせたい一心で尽くすでしょう。

セックスが終われば、さっぱりと日常の生活に戻るのでしつこくなく関わりやすいタイプです。

しかし、食神の人はムードや相手の要求に流されやすい面を持っているのでセックス経験は豊富になりがちです。

また、体型的にも女性らしい肉厚のあるボディでさらにモテます。男性でも包容力のある雰囲気が女性を虜にするでしょう。

ピュアと見せかけて実はテクニシャンだったりするので、パートナーを飽きさせない魅力があります。

食神タイプの落とし方

マイペースで穏やかなな食神の人へにアプローチは、ただ褒めるだけでは効果がありません。

食神の人が望むことは、「自信を失った時の手厚いサポート」です。

普段から、ガツガツはしていないものの内心では、自分の生き方や考え方に自信をもっています。

その自信は大抵、根拠にないものですが、食神の人は自分が自分らしくあればそれで「成功」だと考えるタイプです。

このような考えの人に、普段からべた褒めをしても効き目はないのです。

ですので、食神の人が失敗したときや、つまずいてしまった時、自信喪失したときにさりげなく「サポート」するように努めた方が響きやすいです。

何か言葉をかけるとするのなら、「あなたは本来すごい人だよ」というような声かけが胸を打つでしょう。

もともと前向きなタイプではあるので、落ち込んでも自分で回復しているところもあります。

好きな食べ物をプレゼントして、そっと傍で見守ってあげることも効果的ですよ。

食神タイプの仕事運と適職

食神が向いている職業は、

  • 飲食業
  • マスコミ関係
  • 作家

などの芸術方面やサービス業です。マイペースで癒し系の食神の人は、人当たりがよく甘え上手なのでファンもすぐにつきます。

どんな仕事をしても誰からも愛されるキャラであるので、ジャンルを問わずに円滑に仕事ができます。

また、好きな事と嫌いな事がハッキリしているところもあり、好きなことであれば芸術関係も極めることができます。

そんな食神ですが、お金儲けには疎い傾向もあります。

食神にとっての仕事とは「食うに困らない」ことなので、自分の趣味の延長で職業を選びます。

「遊びがそのまま仕事になる」人と言い換えることもできるので、幼いうちから好きなことを増やしたり追求しておくと先で困らないでしょう。

責任がついてまわりやすい重苦しい職業は食神の人は向いていません。それよりも、「楽しめる」エンターテイメントの要素が強い職種を選ぶと能力を発揮しやすいでしょう。

食神タイプの関わり方

食神タイプの人と良好な関係を築くには、とにかく日ごろから「褒める」「肯定する」ことが大切です。

自分のペースで行動するのですが、お世辞でも褒めたり認めたりにしてくれる人には、周囲のペースに合わせて行動してくれるようになります。

食神の人は、自分を肯定的に受け止めてくれる人には心を開いて相手の為に尽くす傾向があります。

例え社交辞令だとわかっていても、おだてられることに弱く、気前よくなんでも力になってくれます。

食神の人が普段褒められないようなポイントを褒めることが効果的ですよ。

まとめ

今回は、四柱推命の通変星「食神タイプ」についてお話しました。

根っからのポジティブ思考と、根拠のない自信、そしてマイペースで柔軟性がある食神の人は、とても魅力的でしたね。

柔らかい雰囲気は余裕を感じ、人々が癒されます。

しかし、その反面で「自分に対して甘えがでる」こともあるでしょう。

流されないように、適度に自分を律しながら進んでいけるとさらに魅力的ですね。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP