【タロット占い】タロットカードの小アルカナの意味|ソード編

タロット占いに使用するタロットカードの小アルカナには4つのスートがあり、トランプが原型になっています。

小アルカナの各スートは、エースから10までと人物カードのペイジ・ナイト・クイーン・キングの14枚で構成されています。

各スートは「ワンド」「カップ」「ソード」「ペンタクル」の4つで、それぞれにエレメントを当てはめてカードの意味をイメージします。

エレメントは星座と同じ「火・水・風・土」ですが、ワンドが火、カップが水、ソードが風、ペンタクルが土となります。

今回は小アルカナカードの中でも、理性や知性、思考力と関わりの深い「ソード」の意味について解説いたします!

小アルカナ❝ソード❞の基本的な意味

タロットカードのソードは、

  • 「正義」
  • 「判断」
  • 「知性」
  • 「真実」

など、倫理観や思考力と深く関係しています。タロットカードはスートだけではなく数字にも意味があり、同じソードでもエースと10では意味も大きく変わります。

風の元素がエースから人物カードのキングまで、どのように変わっていくのか?

各段階のソードのカードからメッセージを受け取ってみましょう。キーワードとともに、順に解説していきます。

ソード・エース

<キーワード>強い意志・決断・正義

背景に険しい山々が描かれており、雲から出る手はしっかりと剣を握っています。

この絵柄から、困難な状況であっても、不屈の精神で立ち向かうという意味や、真相を暴くという意味があります。

また、新しい機会に恵まれることやオファーがあること、何かしらのお知らせがやってくるということでもあります。

常に頭の中がシンプルでクリアな状態でいるようにというメッセージを表します。

ソード2

<キーワード>均衡・逃避・行き詰まり

静かな場所で、一人の女性が目隠しをして剣を交差し座っている絵柄です。

この状況から、人に「本音を見せない」ような心境や「感情を抑圧している」ような状態を表しています。

人間関係でも恋愛でも人と距離を置いて付き合う人や、そうしたい心境に良く出るカードです。

絵柄の女性のように、あえて真実を「見ないように」して感情をコントロールしている可能性を示唆しています。

ソード3

<キーワード>孤独・ショック・裏切り

剣がハートを貫いている痛々しいカードです。

引き裂かれることによる苦しみや、過去の傷ついた心から抜け出せない「トラウマ」などとも関係のあるカードです。

信じていた人による小さな裏切りによって心にダメージが大きい様子を表します。

あまりにも辛い経験によって、心の奥底にしまってしまい「傷にすら気が付かない」という状況でもあります。

ソード4

<キーワード>休息・準備する・瞑想状態

試練や争いが多いソードのカードですが、ソードの4は考えることや行動を「止めている」カードになります。

この人物は、安静にして眠っていますが、「次に訪れる戦いに向けて準備している」ともいえます。

行動することや考えることをいったん止めて、じっくりと黙想しているカードです。

ソード4は、「今は休むことが仕事」だというメッセージを送っています。

ソード5

<キーワード>私利私欲・自分勝手・誹謗中傷

2人の人物から剣を奪って男性が描かれているカードです。

この人物は「ざまぁみろ」というようなで不敵な笑みを浮かべています。

明らかな人との不和や、誹謗中傷を堂々と行っているときの心境を表しています。

「敵意」とも関係があり、不機嫌なときについしてしまう「八つ当たり」なんかも意味しています。

ソード6

<キーワード>憂鬱・逃避・移動

これまでの困難な状況に終わりをつげ、船を漕いで安全な場所へと脱出している絵柄です。

このことから、トラウマの解消や嫌な状況と距離を置くことを意味しています。

また、環境を変えたり人間関係を変えるようにメッセージを送っています。

「無関心」でいることや、与えられた役目を「義務的に熟す」ことで心をコントロールすることを意味します。

ソード7

<キーワード>一匹狼・卑怯な手段・二面性

誰もいないテントから、そおっと剣を盗む男の姿が描かれています。この状況から、隠れた卑劣さを意味します。

集団ではなく、一人で行動していることから裏表の激しい人物で本心をさらけ出さない人を表します。

自分が不利な状況にならないように、人を出し抜く人に注意が必要という警告カードでもあります。

言ってることとやってることが違い、何を考えているのか良く分からない人を表します。

ソード8

<キーワード>制限・無力だと感じる・混乱

包帯でぐるぐる巻きにされ目隠しで縛られているカードです。

「障害が多い」ときや「思い込みが強い」という意味があります。

周りの状況が読み取れず、視野が狭くなっていることを示唆しています。

思い込みによって自分で「動けなくしている」時に出るカードです。

ソード9

<キーワード>心配・罪悪感・苦悩する

女性がベッドの上で顔を覆い尽くし嘆いているカードです。

明らかに悲しそうなこの女性は、自分を責める気持ちでいっぱいです。

罪の意識が強く、夜な夜な「あれがいけなかった…。」と眠れず反省会をしているようです。

また、何かを心配していたり苦悩を感じているが「どうすることもできない」と感じていることを表します。

実際に不幸に見舞われていたり、体調を崩していることもあります。

ソード10

<キーワード>犠牲・被害者意識・終止符を打つ

10本の剣が男の身体に全て刺さっている絵柄が描かれています。それだけ「悲惨な状況」を物語っています。

最悪な状態にあることや、不運に遭遇して自分の「運命を恨みたい」ときの心境を表しています。

しかし、見事この状況に耐え「新しい始まり」が先で見えています。

争いで犠牲になったけれど、ようやく終止符が打たれたことも意味しています。

ソード・ペイジ

<キーワード>正直者・警戒心・観察力

頭脳明晰な少年の姿を表しているカードです。「大人っぽい子ども」を表します。

他のスートのペイジと比べて、少し「生意気な面」も出てきます。

いつも正直に発言をするので、相手の心を傷つけてしまうことも。

ソードのペイジは、頭が賢く先読みする能力に長けています。いつも人を警戒しているので、嘘はすぐに見破られてしまいます。

ソード・ナイト

<キーワード>論理的・鋭敏・素早さ

ソードのナイトは頭脳明晰で物事を素早く解決できる少年を表しています。

スピードが求められる場面で強い力を発揮します。

洞察力に優れストレートに物事を解決し、難題を切り拓く能力があります。

いつも確信的に進むので、周囲がついていけないときもあります。

また、グイグイと自分のペースで進むので、上から目線が過ぎると嫌われやすい人物を表します。

ソード・クィーン

<キーワード>率直な女性・厳しさ・冷静

少し冷たそうな印象を与える女性の姿が描かれています。男性顔負けにバリバリ仕事をこなす女性を表します。

また、自分の仕事に誇りをもっている人物や、理路整然と人を説得する力に長けている人も表します。

ソードのクイーンは酸いも甘いも知っている、経験豊富な女性です。人生相談すると厳しい愛情で解決策を見つけてくれます。

ソード・キング

<キーワード>道徳的・論理的・規則正しい

ソードのキングは、いつも正しい事をしていて決して「道を踏み外さない」人物で周囲からの信頼も厚いです。

困ったときはソード・キングのような人物に知恵を借りて問題を解決するようにと示唆しています。

ただ、いつも正しいことをいうので、怖い印象や親しみにくい印象を持たれることもあります。

まとめ

小アルカナのソードについて解説しました。「人としての正しい道」について考えさせられるカードでしたね。

頭脳明晰で問題を解決する能力に長けているあまり、私利私欲に走ると最終的には独りぼっちになります。

自分の利益を優先する傾向が強いスートですが、時にはNOを言える強さや自分の意思を持つことも必要だと説いています。

【タロット占い】タロットカードの小アルカナの意味|ペンタクル編

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP