”自”意識を”美”意識に変えてモデルのように輝く秘訣

 

美意識大国・韓国。

自意識大国・日本。

韓国人は美意識が高く、スタイルや容姿、服装など、それぞれが自分スタイルを持っていますし、主張も強いですよね。

対して日本人は、いつも周りの人からの目を気にして、右に倣えというような行動パターンが目立つ気がします。

自意識というとどこかネガティブなイメージを持つ方も多いかと思いますが、でもモデルのように輝くためには他の人と違う自分をアピールしなければのし上がれないですよね。

そう、自意識を超えた美意識は絶対不可欠です。

今日は「自意識」というネガティブワードを理解し、「美意識」というポジティブワードに変えて、モデルのような自信とキレイを手に入れる秘訣について書いてみたいと思います。

 

自意識とは?

自意識とは、自分自身についての意識、と定義されています。

幼児にはない思考で、成長して大人になるにつれて発達していき、多かれ少なかれだれでも持っている思考パターンです。

人はみな、公共の場に行く時、仕事に行く時、服装や身だしなみを鏡の前でチェックするのではないでしょうか?

自意識が低すぎる一例ですが、寝ぐせだらけの頭、しわくちゃなシャツでクライアントに会うような人はまずいないですよね。(もしいたとしたらすごい心臓の持ち主だと思いますが・・・。)

人に会うときに身だしなみを整える=自意識が良い効果を生み出している、ということです。

つまり、自意識とは決して不必要な思考ではなく、人を整える良い働きがある思考なんです。

一方、美意識とはどんな意識のことでしょうか?

 

美意識とは?

人はみな美しくなりたいという自然な願望を持っています。

なぜ美しくなりたいのでしょうか?

それは、人に見られているからです。

周りの人から美しい人、かわいい人、かっこいい人として認められたいので、人は美しくなろうとするものです。

「恋をすると人はキレイになる」というのは真実で、誰かに恋したり、好きになってもらいたいと思っている時は、いつも以上に外見やスタイルを気にするのではないでしょうか?

また失恋した時は、キレイになって見返してやろうという感情が沸くものです。

つまり美意識とは、人から見られているということを意識して、自分自身をより魅力的に魅せようと努力する心の持ちようと言えます。

人からどう見られるかを気にするという点では「自意識」「美意識」も共通していますね。

違いは、人からの視線を自分が美を追求する原動力にするかどうか、ということでしょうか。

では、自意識を美意識に変えてさらに輝くためにはどうしたらいいでしょうか?

 

自意識を美意識に変換させる3つの秘訣

 

【思い込む】

人はだれでも自分より秀でた人を羨む気持ちを持つと思います。

「あの人に比べたらわたしなんて・・・」

時にそう思ってしまう気持ちもあると思います。

でもそれは自意識が自分の伸びしろを少なくしてしまっているので、とてももったいないです。

人はそれぞれ”個性”があるので、容姿や身長など、努力だけではどうにもならない部分があるのは事実です。

どうにも出来ないのならば、自分をだれかの”個性”に似せるよりも、自分だけの”個性”を伸ばしましょう。

そのためにも「思い込み」は大切です。

鏡で自分を見るときに自分のいいところを褒めましょう。

人間の脳は意外と単純なので、思い込むことで力を発揮したり病気が好転したりするんです。

この効果を「プラシーボ効果」と言います。

この効果をライフスタイルにも応用して、自分のいいところを自分に言い聞かせて思い込ませましょう。

そうやって思い込ますことで内から自信が生まれ、湧き出た自信が人をより魅力的に魅せてくれるでしょう。

 

【姿勢を正しくする】

モデルさんたちなどの美意識の高い人は概して姿勢がいいです。

それは、人から見られているという自覚と、よりキレイな自分を見せたいという自信があるからです。

対して、人からの視線を気にしすぎておどおどしていると、どことなく姿勢が悪くなってしまいます。

姿勢が悪いと実際にはそんなことないのに、どこか暗く消極的な印象を持たれてしまう可能性があります。

それはとてももったいないことですよね。

なので、街中で姿勢のキレイな美意識の高い人を見かけたら、ぜひ自分の姿勢もピンと伸ばしましょう。

姿勢がキレイなだけで人の美しさは2割増しに見えるものです。

また、姿勢が正しいだけで前向きで積極的な人という風な印象を持ってもらえます。

ぜひショーウインドーに映った自分をチェックしてみましょう。

 

【人の良いところを見るようにする】

本当にキレイな人は心もキレイなものです。

心がキレイな人は、人に対していつも積極的な見方が出来るます。

人に対して積極的な見方が出来ると、自分に対しても前向きな見方が出来るようになります。

自分に対して前向きな見方が出来ると、それは自信につながります。

その自信は人としての余裕を作り出し、カメラを前にしたモデルのような魅力を生み出してくれるでしょう。

そう、内面デトックスはとても大切です。

なので、人を下に見たり、人を蹴落とすために噂話や悪口を言う習慣をやめて、人の良いところ探しましょう。

人の良いところを素直に評価することが出来ると、その良い評価はいつか自分に返ってきますよ♪

反対に、いつも人のことを悪く言っているなら、結局は自分の評価を落とすことにつながるので気を付けたいものです。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

美意識を高めて輝くためには内面からの良い変化が必要ということでした。

内面の美しさは本人の意識していないところでにじみ出るものです。

では一緒に内面デトックスをして、美意識を高めていきましょう^^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP