• 美容

脂性肌(オイリー肌)の方向けのスキンケア

皮脂の過剰分泌による、肌のベタつきやテカリ、化粧崩れなどに悩んでいる方は多いと思います。

この記事では脂性肌の方向けのスキンケアを紹介します。

自分では脂性肌だと思っていても実はピーリングなどのしすぎで乾燥肌になり乾燥を補うために部分的にオイリーになってしまっているケースもあるのでまずは脂性肌の特徴を抑えておきましょう。

脂性肌の方の特徴

  • 肌にベタつきを感じることが多い
  • 同じ場所にニキビが出来る
  •  毛穴が開いている
  •  Tゾーンや法令線などに赤みがある
  • 夕方頃になると肌がテカテカしている

特に10代~20代はTゾーンと呼ばれるおでこから鼻にかけての部位の油分量が多いため

脂性肌になる原因

遺伝

肌質には遺伝子が大きく関わっているため残念ながら自分で選ぶことは出来ません。

乾燥肌は後天的になる場合も多いのですが脂性肌の人は、先天性の肌質としてもともと皮脂の分泌量が多いことが多く肌質に合ったスキンケアを行う必要があります。

季節

肌質自体が季節によって変化することはありませんが夏は汗の分泌量が増えるので、自然と皮脂の分泌も増加するため脂性肌の特徴が目立ちやすくなります。

誤ったスキンケア

誤ったスキンケアが原因で皮脂が過剰分泌され、脂性肌に傾いてしまうこともあります。

皮脂の取りすぎが原因で過剰に分泌されることになるのですがこれは脂性肌ではなくインナードライ肌に肌質が偏っていることになります。

インナードライ肌とは肌の表面は皮脂が分泌されてテカテカするのに、内部の水分量は不足して乾燥している状態です。

人の肌の構造は複雑でTゾーンだけ脂性肌で頬の部分はインナードライ肌になっているというケースもあります。

ホルモンバランスの乱れ

皮脂とホルモンバランスには大きな関わりがあります。ホルモンバランスが乱れると、皮脂が過剰分泌されることがあります。

特に女性の場合思春期や生理前、更年期になるとホルモンバランスが乱れやすく肌荒れを引き起こしてしまうことが多くなります。

ホルモンバランスはストレスや睡眠不足によっても引き起こされるので気をつけましょう。

食生活

皮脂の分泌量は、普段の食生活の影響も受けます。

「特定の食材」によってニキビができたり、悪化したりといったこととニキビが出来ることが直接関連があるということをはっきりと示した研究は今のところありませんが一般的には油分が多い食べ物を食べない方がいいと言われていますよね。

実際ポテトチップス、がフライドポテト、ハムやソーセージなどの加工肉は遺伝子を傷つけ、老化を促進させる食べ物であるという研究結果があります。

油にもいい油と悪い油があるのでナッツ類や青魚、エゴマ油などの良質な油を摂取するようにしましょう。

またバランスの取れていない偏った食事を続けていると、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

また、血糖値を上昇させる白米やパンなどの炭水化物、チョコレートやケーキなどのお菓子でも皮脂は過剰に分泌されやすくなります。

こちらは甘いものを食べても皮脂の分泌には関係ないと言う研究と関係あると言う研究の両方があります。例えばチョコレートはポリフェノールやココアバター等、様々な成分で構成されておりそれらを統制した研究が行われていないためだと考えられます。

一部の研究でチョコレートがTNFやIL-1βといった肌荒れのもとになる成分を作り出すという研究があります。またチョコに含まれる糖質がアクネ菌を作り出すとも言われていますがこれはチョコレートが原因というよりは糖質が原因でありカカオ成分が75%以上のチョコレートはさまざまな健康効果が示されているので脂性肌でどうしてもチョコが食べたいという方はカカオ成分75%以上のものを食べるようにしましょう。

化粧水の選び方

脂性肌の方に合っているのは油分を抑える成分が入っている化粧水です。

油分を抑える化粧水成分には

  • ビタミンC
  • 米エキス

などがあります。ビタミンCは美白にも効果があるのでビタミンC誘導体の形で多くの化粧水に含まれています。

また厚くなった角質を取り除くことで、毛穴を正常な状態に保つ以下のような成分も有効です。

  • サリチル酸
  • グリコール酸
  • フルーツ酸(AHA)

濃度は異なりますがピーリング剤に含まれている成分と同じです。

ただし使用頻度を誤って肌の乾燥を招いたり表面は綺麗でも内部が乾燥しシワができやすいビニール肌になってしまう可能性があるのでこれらの成分が含まれる化粧水は使用には注意が必要です。

乳液の選び方

脂性肌の方は油分の多いものを使うと毛穴を塞いでしまいにきびなどが出来やすくなってしまいます。

油分の多い化粧水や乳液が悪い訳ではなく部分的に乾燥肌になっている混合肌の方の場合は乾燥している部分には乳液を使いましょう。

保湿力の高い化粧水を使う場合は乳液を使用しなくても問題ありませんが、アルコール成分が多い化粧水の場合は乳液を塗らないと蒸発してかえって肌が乾燥してしまうので注意しましょう。

  • 保湿力の高い化粧水のみ
  • 保湿力そこそこの化粧水+油分の少ない乳液
  • サリチル酸などアルコール成分の多い化粧水+保湿力の高い乳液

のいずれかを肌に合わせて使っていくことになります。

アルコールフリーの化粧水の方が肌には良さそうですがにきびが出来やすい人は毛穴の詰まりを防ぐためにサリチル酸やグリコール酸が配合されたものを使った方がいいことも多いので決めつけないようにしてください。

脂性肌と言ってもどれが合うかはさらに肌の状態を細かく見て試していかないといけないので、他の人にがいいと言っている化粧水や乳液でも自分には合わないこともあります。無理せず試しながら自分の肌にあった化粧水と乳液を見つけていきましょう。

 

関連記事

  1. アイメイク
  2. 表情
PAGE TOP