日焼けは肌の火傷!日焼け後は72時間以内のアフターケアが最も重要

これからどんどん紫外線が強い日が増えますね。うっかりケアをするのを忘れて日焼してしまったっという事もありますよね。

日焼け後に適切なアフターケアをしないと、乾燥やシミなどの肌トラブルになる危険もあります。

今回は日焼け後のアフターケアについてご紹介します。

日焼けのアフターケアをしないとどうなるか

日焼けは肌の火傷になります。

日焼けをしたあとはアフターケアが必要になってきますが、このアフターケアを怠ると肌の老化が激しくなります。

紫外線が肌への刺激となり、UVA波やUVB波が肌に降り注ぐことになります。UVB波は季節が冬になると少なくなりますが、UVA波は冬場でも降り注いでいます。UVA波は肌の奥深くまで浸透して、肌にダメージを与えます。

ダメージを受けた肌はしっかりアフターケアをしないと、皮膚の真皮層ではコラーゲンが壊れ、メラノサイトが活発化して、メラニンを大量発生します。

また細胞を守るために活性酸素も大量に発生し、肌の老化を促進します。

肌のアフターケアをしっかり行うことで、肌の老化を遅らせることが可能となります。

紫外線によってダメージを受けた肌を、しっかり補修していくことが必要になるでしょう。

主に出てくる症状としては、肌がてかったり、乾燥したり、肌の色が変わったりということがあります。

それは肌の内部にトラブルが起きていることになりますので日焼けをした後はしっかりと保湿などのケアを行っていきましょう。

 ケアをするのとしないとではの比較

日焼けをしたときには軽く皮膚がやけどをした状態になっていますので、そのままにしておくと炎症が収まらずに肌のダメージが大きくなります。

けがをした時などもしっかり消毒してケアすると思いますが、日焼け後の場合もきちんと保湿を行って、肌を保護するようにケアする必要があります。

日焼けをしてしっかりケアを行った肌は、新陳代謝も正常化して肌の生まれ変わりが促進されますので、白い肌に戻っていくことも可能ですが、ここでケアを怠ってしまうと、肌の色が変色したまま色が戻らないということもあり得ます。

特に年を重ねてくると肌の新陳代謝のスピードは低下しますので、肌の生まれ変わるスピードも衰えます。

ケアを怠ると、シミシワの原因ともなり、年を重ねていくことにシミやシワが目立って老けた印象を与えてしまうことにもなります。

日焼けをしたらすぐにケアを行うことで、新しい肌が再生するお手伝いをしてくれますので、シミシワが気にならない肌を目指すことが出来ます。

紫外線にはなるべく当たらないように工夫することも必要です。

夏はしっかり日焼け止めを塗ったり、長袖を着たり、日傘をさしたり、スカーフを巻いたりすることも大切です紫外線はお肌の大敵だということをしっかり頭に入れておきましょう。

おすすめのアフターケア方法1

日焼けした肌を冷やす

日焼けは肌が火傷した状態ですので、日焼けをした後はきちんと冷やすことが大切になります。

肌が赤くなったりひりひりしたりするのは、日焼けをしている信号になりますので、やけどをした時の対処法と同様に保冷材や冷やしタオルなどで皮膚をしっかり減らして体の熱を発散させることが必要になってきます。

水風呂の入ることもいいのですが、水風呂は体全体を冷やして体温を下げてしまう可能性がありますので、できれば、日焼けした部分を冷やすように対処するといいでしょう。

シャワーなどは水圧がありますので、あまり勢いよくシャワーをかけると痛い場合がありますので、注意しましょう。

シャワーなどの場合には短時間で済ませるようにしましょう。

日焼け止めをきちんと落とす

外に出る前には日焼け止めを塗っていると思いますが、日焼けをした際には日焼け止めをきちんと落とすようにするといいでしょう。

日焼け止めは肌への負担が大きくなっているものの多く、SPFPAが高いものはその分肌への刺激にもなります。

日焼けを行った際にはきちんと日焼け止めは落として冷やしていくといいでしょう。

洗うときにはクレンジングやボディーソープなどを使ってあまりごしごしとこすらないように落としていきましょう。

日焼けの後に洗う場合には、敏感肌用の刺激の少ないものを選ぶといいでしょう。

普通のものだと刺激が強くて痛みを感じることもあるかもしれません。

お湯はぬるま湯がいいでしょう。40度以下のお湯で洗い流していきましょう。

熱いお湯を使うと肌への刺激となって痛みを感じることがありますので、痛みを感じない程度のぬるま湯を使用していくといいでしょう。

肌をしっかり保湿する。

紫外線により日焼け後の肌は内部から水分が蒸発して非常に乾燥している状態になっています。

きちんと冷やして日焼け止めを洗い流したら保湿用ローションなどをきちんと塗って保湿を行っていきましょう。

化粧水は敏感肌用の肌に優しいものがお勧めです。

蔵庫で冷やしておくことで、肌も効率的に冷やすことが出来ますし、付け心地もいいでしょう。

肌に化粧水を塗るときには、コットンなどでパッティングするのではなく、手で抑えるようにハンドプレスでしみ込ませていくといいでしょう。

化粧水を塗るとひりひりとしみる場合には、消炎効果のある保湿クリームやワセリンなどで対応していきましょう

保湿クリームの塗るときにはごしごしとこすらないようにしましょう。

おすすめのアフターケア方法2

化粧水を使用するときには、アルコールの入っているものや美白成分の入っているものなどは避けるといいでしょう。

アルコールや美白成分のあるビタミンCなどは刺激の強い成分となっていますので、日焼け直後に使うには肌への刺激が強すぎると考えられます。

日焼けをした直後には、美白ケアよりも肌に負担をかけずに肌の炎症を抑える方法でケアを行っていきましょう。

保湿効果の高いシートマスクなども日焼けの直後には避けた方がいいでしょう。

日焼けをしたときには低刺激の化粧水をたっぷり塗っていくようにするといいでしょう。

おすすめのアフターケア方法3

日焼け後には皮膚だけでなく体中の水分が不足している状態になっていますので、水分補給をしっかり行うといいでしょう。

日焼けをしているということは長時間直射日光に当たっていたということですので、脱水症状を起こしている場合があります。

体のだるさや倦怠感、疲労感を感じる場合には直ち水分を補給することが大切になります。内側から水分補給をすることで内部の水分を保持する効果も期待できます。

日焼けをしたと感じる場合にはこまめに水分補給することも大切になります。

まとめ

大量に紫外線を浴びて日焼け後のアフターケアについて調べていきました。

皮膚への火傷ともいえる日焼けですので、適切なケアが必要になります。

日焼けをして肌がヒリヒリしているときには、刺激の強い化粧品などは避けるようにして、肌を冷やして炎症を取っていくようにしましょう。

美白ケアや保湿シートマスクなどのケアを行うのは肌の熱がしっかりとれてヒリヒリ感がなくなってからの方がいいでしょう。

くなくなるくらいまでしっかり水や保冷剤で冷やしましょう。

日焼け止めが残っていると肌への刺激となって肌を痛める原因にもなりますので、肌への負担の少ないクレンジングでしっかり落としてから肌を冷やすようにしましょう。

ヒリヒリが収まってくれば落ち着いてきたことにもなりますので、ケアを行っていくといいでしょう。痛くない場合もきちんと保冷剤で冷やすなどして肌を鎮静化していくといいでしょう。

日焼けしたら72時間以内に対応することが必要になります。

あわせて読みたい→2018年人気女優美肌ランキング30

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP