便秘を解消する即効性のある食べ物と飲み物7選!

便秘になるのはつらいものです。特に、ダイエットをしていると食べる量が減りますので、定期的なお通じが来なくて、三日間ほどで辛い思いをするということもあります。便秘を解消する即効性の高い食べ物と飲み物とはどんなもののか、どのような習慣をつけるといいのでしょうか。便秘とはどのような状況を言うのかなど、調べていきました。

便秘について

普通に食べているときにはそれに比例するようにお通じも快調なことが多いのですが、ダイエットを始めて食べる量がぐっと減ったりすると、途端に便秘になってしまうこともあります。便秘には二種類あります消化器系の器官などが弱く便秘を起こす場合と、ストレスや生活習慣などで起きる便秘の場合があります。通常便秘になる方はストレスや生活習慣などの機能性便秘が多いようです。原因のはっきりしない便秘は機能性便秘として分類されます。薬を服用していても便秘などを起こすこともあり、下剤などを一緒にもらうときもあります。腹痛や腹部の不快感を覚える便秘型IBSという便秘もあります。消化器や薬剤や内科的な要因で便秘になる場合には、お医者さんに通うことも必要になります。ダイエットを続けていくことで便秘になる場合には、食べ物や生活習慣に気を付けるだけでも、便秘が解消されることもあります。

便秘の原因

便秘の原因には、直腸や肛門付近の筋肉が弱っていることが考えられます。便を押し出す力が低下しており、骨盤庭筋の運動障害など、排便するときに使う器官の機能が低下していると便秘になります。便意を感じていても便を出しにくくなります。また、食事の量や水分の量が足りないことも考えられます。食物繊維の量や水分が足りないと便がカチカチになり排便しにくくなります。いきんでも出なくなり、痔の原因になったりもします。ダイエットをしている女性で多いのは、この食事量が減ることによる便秘が多いでしょう。ダイエット中には水を多く飲むといいですので、水分をしっかりとって、排便を促せるといいでしょう。また、腸の蠕動運動が弱まっていると、便を上手く運ぶことができずに排便しにくくなります。大腸がんなどにり患している場合には、病気が原因で腸管が狭くなり、便を上手く出すことが出来ないという場合もあります。直腸瘤や小腸瘤など腸管になにか出来ている場合にも便を運ぶ妨げになりますので、便が出にくくなります。便に血が混ざっているという場合には病院で検査することも必要かもしれません。

便秘になると・・・。

便秘になるとまずお腹がつらいです。お腹がパンパンになってズボンが入らないほどになりますので、気分もすっきりせずに辛い毎日が続きます。排便は基本的に毎日ないといけないものです。食欲もなくなりますし、顔に吹き出物が出てくる、体に老廃物が溜まっているという状態になります。便秘になると体重も増えます。ダイエット中に体重が思うように減らないのは、便秘が原因であることも多いです。便秘になると腸で、水分とともに老廃物や残った栄養分の再吸収が起こり、太る原因にもなります。スリムな体を保つには余分な脂肪や糖質などは効率よく排出する必要がありますので、便秘を解消することは、ダイエットの上でも大切です。ダイエットには不溶性の食物繊維や水溶性の食物繊維を取る必要があります。食物繊維が余計な脂肪分や糖質をからめとって体の外へと排出してくれる効果がありますただ、野菜などを中心に不溶性食物繊維ばかりとるもの便が硬くなりますので、出来るだけ水溶性の食物繊維をとるようにするといいでしょう。あとはお肉の好きな方も便秘になりやすいですので、野菜を合わせて取るようにするなどの工夫をするといいでしょう。便秘薬を用いて、便を出すこともあるかと思いますが、だんだん便秘薬が効きにくくなってきたり、大腸が浅黒く変化することもありますので、出来るだけ食材などで快適な便が出るようになると体への負担も少なくて済みます。

では、便秘を解消する即効性の高い食べ物と飲み物を7つを紹介したいと思います。

便秘を解消する即効性の高い食べ物と飲み物7つを紹介

腸の活動が活発な朝の起床時に水を飲むと、腸が刺激されて腸内運動が活発になります。冷え性の方は胃腸を冷やしてお腹を壊さないように、常温でとることをお勧めします。レモンやオレンジや野菜などを入れてデトックスウォーターにして飲むことで、ビタミンやミネラル分も取ることが出来ます。炭酸水なども硬くなった便を柔らかくする効果があります。寒い朝などは50℃くらいの白湯を飲むようにするといいでしょう。

お茶

お茶には腸善玉菌を増やして、腸内フローラを正常に保つ作用があり、ビタミンやミネラル、食物繊維が含まれています。ノンカフェインのもので、タンニンの少ないものでは、ごぼう茶がお勧めです。カフェインやタンニンが多く含まれる紅茶や緑茶は避けた方がいいでしょう。カフェインには利尿作用がありますので、腸内の水分が不足して便が固くなる可能性があります。タンニンには取りすぎると便が固くなりますので、便秘の原因になります。

オリーブオイル

油分はダイエットの敵とも考えられているときもありましたが、良質な油は便をスムーズに排出させることにも役に立ちます。薬などを使いたくないという場合には、ティースプーン一杯分のオリーブオイルを取ることで便秘が解消されることもあります。しかし、オリーブオイルはカロリーも高いので、摂取量には注意が必要です

バナナなどフルーツ類

バナナには水溶性食物繊維とオリゴ糖が含まれています。オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やす効果があり、善玉菌の餌になるものです。バナナの他にもいちごやりんごなどの果物、野菜、みそやしょうゆなどの発酵食品にも含まれています。バナナは食物繊維の力とオリゴ糖で腸内環境を整えて、元気な便を出す手助けをしてくれる食材です。イチゴやリンゴなどは量の割にはカロリーも低いですので、ダイエットの際にもいいでしょう。

発酵食品

納豆やお漬物、キムチ、お酢、ヨーグルトなどの発酵食品は、乳酸菌を配合しており、腸内環境を活性化して鈍くなっていた腸内の状態を活発になるように作用する効果が期待できます。食べるときには、組み合わせてヨーグルトにオリゴ糖、納豆にキムチというような組み合わせで食事をとっていくと一層効果的です。朝食などでは、ご飯にお味噌汁、納豆の組み合わせにすると便秘解消にも効果的です。

フルーツジュース

バナナやリンゴなどにはオリゴ糖が含まれていますが、数多くのフルーツが含まれているフルーツジュースも便秘には効果的です。バナナは乳酸菌の豊富なヨーグルトや善玉菌の餌となるオリゴ糖などと一緒にジューサーにかけると食物繊維もそのままでビタミンなども取れますので、いいでしょう。小松菜などを一緒に入れてもいいでしょう。市販の野菜ジュースでも効果が出ることがあります。便秘の際にはコップ一杯の野菜ジュースを試してみてください。

キノコ類

キノコ類には水溶性の食物繊維がたくさん含まれています。便秘になったらキノコを積極的に摂取するという方も多いです。キノコは種類も豊富です。えのき・しめじ・しいたけ・えりんぎ・まいたけなど、様々なキノコがありますので、キノコスープや野菜炒めなどにしていただくといいでしょう。キノコにはビタミン類も豊富に含まれています。低カロリーでお腹も膨れます。ご飯の量を少し減らして、キノコをプラスするのもいいでしょう。

まとめ

便秘になるとお腹が苦しくなりますので、定期的にお通じが来るように工夫したいものです。便秘を解消する即効性の高い食べ物をとり、便秘の際には、寝転がってぐるぐると回ってお腹を刺激するのもいいですのでお試しください。便秘を解消する即効性の高い食べ物と飲み物を参考にスリムな体を目指しましょう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP