• 美容

【毛穴タイプ別ケア】黒ずみ・角栓を除去する方法

毛穴の黒ずみでお悩みの方は多いと思いますが世の中には様々な毛穴ケアの方法がありどれが本当に効果が分からなくて困りますよね。

代表的な毛穴ケアとしては

  1. 毛穴パック
  2. 毛穴吸引器
  3. 蒸しタオル
  4. クレンジング
  5. ピーリング
  6. 酵素洗顔

やこれらの組み合わせが広く知られていると思います。

また外部ケアだけでなく内面からのケアも大切なのは皆さんご存知でしょう。

ここでは医学的に効果があると言われている毛穴ケアを紹介します。

まずはその前に毛穴の黒ずみにはいくつか対応があることをぜひ知っておいてください。

毛穴ケアと一口に言っても効果がないどころか毛穴のタイプによっては逆効果になってしまうこともあるのでご自身の毛穴タイプを理解することが大切です。

毛穴のタイプ

毛穴の種類は

大きく分けると

正常な毛穴、詰まり毛穴、たるみ毛穴の3つに分かれます。さらに細かく分けると

  1. 正常な毛穴
  2. 開き毛穴
  3. たるみ毛穴
  4. 黒ずみ毛穴
  5. 角栓毛穴
  6. デコボコ毛穴

の6つに分けることが出来ます。

正常な毛穴以外のそれぞれの毛穴タイプの特徴とそれに合ったケアの方法を紹介します。

開き毛穴・たるみ毛穴

開き毛穴・たるみ毛穴は加齢や乾燥が主な原因です。

  1. 保湿やハリを与えるケアで肌の水分量を上げて毛穴自体を目立たなくする。
  2. 日焼け止めを毎日塗って肌の加齢を緩やかにする。
  3. ビタミンCやAなどが配合されたコスメでケアする。

たるみ毛穴は肌のエラスチンが減ってしまうことが原因です。

エラスチンはコラーゲンなどと同様ハリと弾力の維持にとても大事な成分なのですがコラーゲンとは異なり生前から赤ちゃんの時期までに生成され、年齢とともに壊れていくだけで基本的には再生しないと言われています。

紫外線を浴びることでエラスチン繊維が変性してしまうため日焼け止めはかかせません。たるみ毛穴は完全な治癒が難しいので予防で防いでいきましょう。

開き毛穴・たるみ毛穴におすすめのスキンケア用品

リンクルモイストクリーム

ビタミンA誘導体(レチノール) 配合で乾燥による小じわ対策 に効果的ですが毛穴ケア用品 としても優秀です。

プロステージ VC100

ビタミンC誘導体が配合されているもので保湿成分も入っているものであれば何でもOKですがその中でもコスパが良いものを紹介します。

クレアスビタミンEクリーム

強い抗酸化作用と代謝機能 を併せ持つビタミンEを大量に含んだクリームです。ちなみにビタミンCとビタミンEは相互作用があるのでサプリなどで摂取する時も両方摂るようにしましょう。

ゼオスキンシリーズ

一時的な皮剥けや赤みなどダウンタイムを気にしないのであればこれ一択。医薬品になるため医療機関でしか取り扱いはありませ

黒ずみ毛穴・角栓毛穴

黒ずみ毛穴・角栓毛穴は詰まり毛穴の一種で活発な皮脂分泌を引き起こす男性ホルモンが原因の多くを示しています。

男女問わず10代~20代前半の間はおでこや眉間、鼻を中心としたTゾーンと呼ばれるエリアの皮脂分泌が盛んであるため毛穴が詰まり安いのですが男性ホルモン以外に食生活の乱れやストレスの影響もあります。

身体がストレスを受けると交感神経が優位になり結果として男性ホルモンが増えてしまうためです。

また皮脂が増えると角質が厚くなり毛穴が閉じることになるため結果として中で皮脂が詰まってしまうことになります。

この詰まった物質を角栓、詰まってしまった状態を面皰あるいはコメドと呼びます。角栓はにきびの原因にもなりますが角栓が黒くなるのは皮膚の内側から排出されたメラニンによるものであると言われています。

角栓毛穴を放置すると黒ずみ毛穴になり原因は同じなので同じケアで対処可能です。

黒ずみ毛穴・角栓毛穴に有効なケア

黒ずみ毛穴・角栓毛穴に有効なのは

  1. ピーリング
  2. 酵素洗顔
  3. クレンジング

です。

ピーリング

 

ピーリングは自宅用の物もありますが自分で行うとピーリング剤を長時間肌に乗せてしまい、気づかぬうちに乾燥肌やビニール肌を作り出してしまうことも多いのでなるべく皮膚科で受けるようにしましょう。

酵素洗顔

酵素洗顔はピーリングと比べるとダメージを受けづらいので自宅でのケアもおすすめです。ただし週に何度も使ったり長時間泡を乗せると乾燥肌やビニール肌の原因になってしまうという点は同じです。必ずメーカーの推奨使用時間を守るようにしましょう。

早く毛穴を良くしたいという気持ちで長時間使いたくなってしまうのは分かりますがかえって逆効果になってしまいます。

クレンジング

クレンジングは女性の方であれば普段のケアで行っていると思いますが酵素洗顔と組み合わせる場合は酵素洗顔→クレンジングの順番で行いましょう。

黒ずみ毛穴・角栓毛穴は脂性肌の人に多い症状なので毛穴ケアとしてはオイル系のクレンジング料がおすすめですが乾燥肌の場合はクリームや乳液タイプのクレンジング料を使用するようにしましょう。

これらのケアは全て処置後に保湿をしないと本来肌に必要な油分まで取り去ってしまい逆に皮脂分泌を過剰にしてしまい悪循環を生んでしまいます。

ポイントとしては毛穴の詰まりが気になる部分だけに処置を行うという所です。

特に若いうちはTゾーンとUゾーンの油分の差が大きく、皮脂分泌が過剰なTゾーンへの処置をUゾーンにも行ってしまうと乾燥を招きニキビ等の原因になってしまうためです。

毛穴パックってどうなの?

毛穴パックは肌に良くない、と言われるようになってから久しいですが専門医の間でも使わないほうがいい、使ってもいいと意見が分かれています。

しかし少なくとも積極的に使ったほうがいいという意見はありません。

特にはがす系の毛穴パックはごっそり角栓が取れるのが気持ちいいからといってメーカーが推奨する時間の何倍も貼りっぱなしにしてしまう人が少なくありません。

正常な角質まで傷つけてしまう可能性が高いのでおすすめ出来ません。ちなみに同様の理由でスクラブ洗顔も反対派の医者が多いです。スクラブ洗顔料は海外ではメジャーですが日本人はメラニン色素が多くスクラブでこすると摩擦によってメラニンを増加させてしまいくすみが出来てしまう事も多いため推奨されていません。

コメド圧出ってどうなの?

黒ずみ毛穴・角栓毛穴のケアでコメド圧出というものを聞いたことがある方も多いと思います。

角栓を自己流で押し出すのは危険ですが角栓がつまりコメドになった箇所を専用器具を用いて押し出すコメド圧出という治療法があり皮膚科等で行ってもらうことは可能です。

どちらかというとニキビの治療に用いられるもので角栓のケアとして行うことは多くありません。最近は何でもネットで手に入るのでコメドプッシャーと呼ばれる専用器具を購入することも可能ですが膿を出し切らないとかえって悪化してしまうため自分で行うことはおすすめしません。

冷水での引き締めはNG?

洗顔後に冷水で毛穴を引き締める、という方法が流行ったことがありますが医学的に効果は立証されていません。急激な温度変化で酒さや赤ら顔の原因になってしまうこともあるので要注意です。

黒ずみ毛穴・角栓毛穴におすすめのスキンケア用品

クレンジングリサーチ ウォッシュクレンジング

酵素とリンゴ酸が配合され酵素洗顔とピーリングのダブルの効果があるクレンジング料です。黒ずみ毛穴・角栓毛穴に効果がありますがその後の保湿ケアは必須です。

ファンケル酵素洗顔パウダー

炭とクレイを配合したパウダーが毛穴の汚れ・黒ずみ・角栓を一気にオフして、うるつる肌に洗い上げてくれます。乾燥しすぎるということがないためおすすめ。

アルジタル グリーンクレイペースト

アルジタル(ARGITAL)
¥3,960 (2021/10/26 10:24:30時点 Amazon調べ-詳細)

毛穴の汚れを取り除くグリーンクレイを中心に炎症を抑えたり皮脂の抑制に効果のあるハーブ成分が配合されたパック。黒ずみ毛穴が出来やすい人はにきびも出来やすい傾向にありますがにきびにも効果的です。

デコボコ毛穴

デコボコ毛穴の正体はニキビ跡によるクレーターです。

そのため他の毛穴ケアを行っても効果はありません。

デコボコ毛穴のケアはニキビ跡を治すためのケアと同じになるので

  • ピーリング
  • ダーマペン
  • レーザー治療

辺りが効果的となります。

毛穴の黒ずみ・角栓を除去する方法まとめ

肌のタイプを見極めてそれにあったケアをしていつまでも美しい肌を手に入れたいものですね。

自己流のケアを行う前に今回紹介したような科学的に正しいとされるケアを行うようにしましょう。

関連記事

PAGE TOP