イエローチークは単色より重ねて使えば効果は2倍!その方法とは?

今、TwitterやインスタグラムなどのSNSで話題になっている春コスメがあります。

それは、イエローチークです。

チークといえば、ピンクやオレンジのイメージが強いですが、イエローチークはどのように使うのでしょうか、どのような人に似合うのでしょうか。

解説していきます。

おすすめのイエローチーク

そんな流行中のイエローチークのおすすめコスメを紹介していきます。

キャンメイク パウダーチークスPW40 ミモザイエロー

イエローチークが流行るきっかけになったイエローチークです。

とても人気なため、さまざまな店舗を回ったのですがどこも売り切れて購入できませんでした。

なので、テスターでタッチアップした感想を述べます。

オレンジがかった春らしいイエローカラーです。

ミモザの花のような明るく可憐で、イエロー過ぎない絶妙なイエローがポイントです。

春メイクにとてもぴったりです。

ふわっと柔らかい発色で派手な高発色さがないのが、とても使いやすいです。

薄付きなので、綺麗なグラデーションを作りやすく自分好みの濃さに調整できる反面、ぱっと派手めなメイクには使えません。

そして、パウダーチークとは思えないくらいしっとりとしたテクスチャー、まるでクリームチークのような仕上がりになるのが衝撃的でした。

粉っぽさが全くありません。

とてもマットで密着感は抜群、ふわふわなほっぺが出来上がります。

店頭では中々見かけませんが、ネットではまだ販売しているので無くなる前に買っておきたいチークです。

プレイリスト マルチペインター イエロー

出典:https://lohaco.jp/product

こちらのイエローは、鮮やかながらもクリーム色に近い優しいカラーになっています。

パステルカラーメイクも、派手めメイクも、普段使いのナチュラルメイクも思いのままです。

ブルーベースの人は、こちらのカラーが1番おすすめです。

ぼかしやすく、なめらかなクリープタイプなのでどなたでも扱いやすいです。

また、長時間化粧崩れがしにくく、そのままのカラーでずっと発色しているのも魅力の1つです。

テクスチャーは、本当の絵の具のようにマットです。

しかし、自分の好みに合わせて同シリーズのクリアカラーや、グロス、ラメなどを混ぜてテクスチャーを変えられるのが魅力的で、メイクがより楽しく感じます。

またチークとしてだけではなく、アイシャドウ、フェイスペイント、ボディペイントなど何でも使える汎用性があります。

1つ持っておくだけで、ハロウィンなどのイベントでも安心です。

マジョリカ マジョルカ シャドーカスタマイズ YE232 カナリヤ

 

チークではなく、アイシャドウですが十分代用できます。

紹介するコスメの中で、1番ナチュラルでイエローらしいイエローです。

そのイエローさにはじめは戸惑ってしまうかもしれませんが、乗せる量をしっかり調整すればすぐに理想のメイクにたどり着けます。

使いづらそうに見えますが、ふわっと乗せればナチュラルメイクで活躍します。

たっぷり多めにのせれば、濃いメイク、イベント用のメイクだって思いのままです。

私がイエローチークとして1番愛用しているコスメになります。

ギラギラ感のない程よい上品なラメ感がとても好きです。

ラメのおかげで立体感のあるツヤツヤの肌になれるのがお気に入りポイントです。

パウダーはさらっとしていて、あっという間に肌に馴染んでいきます。

濃淡は簡単に自由自在、目元もほっぺも華やかにしてくれるので、迷ったらとりあえずこれを買っておくことをおすすめします。

 

イエローチークの使い方と効果

 

イエローチーク単色使い

単体でしあげることで、肌本来の血色感を生かしてくれます。

イエローチークのおかげで相対的に、肌に血色感があるようにみせる効果があります。

とてもナチュラルで自然な火照り顔を演出してくれます。

イエローチーク単体でメイクをするのは上級者向けに見えますが、アイシャドウをイエロー系、オレンジ系に仕上げることで統一感がでてメイクで浮きません。

いつものチークメイクの上に重ねて使う

普段のチークメイクが終わった後に、ふわっと重ねるとチークに黄色みがでてニュアンスが変わります。

また、イエローを乗せることで肌なじみの良さもあがります。

春色っぽいメイクがしたい、オレンジ系のメイクがしたい、メイクがマンネリになってきたときにおすすめです。

オレンジチークのベースにする

オレンジチークのベースにすることで、より綺麗なグラデーションを生み出すことが出来ます。

普段よりオレンジチークが肌となじみ、じゅわっとした血色感を綺麗に引き出してくれます。

他のカラーのチークのベースにする

意外とピンク系・レッド系とも相性が良く、ベースにすることで肌なじみをよくしてくれます。それだけではなく、いつもとちょっと違う個性的なグラデーションが生まれるので、少し派手めなメイクをしたいときにおすすめです。

目の下にいれてクマを隠す

目の下に入れることで、目元のクマをきれいに隠してくれます。

また、肌のトーンを明るくする効果もあるので、肌を綺麗にみせてくれます。

普段チークを入れている位置を目の下に変えたり、少し中央寄り目の下へのるように上へオーバーなグラデーションを作るとナチュラルに仕上がります。

実際にイエローチークを使ってみた

 

実際にイエローチークを使ってみました。

私は、イエローアイシャドウで代用しています。

 

ローズピンク×イエロー

使用コスメ

マジョリカマジョルカ シャドーカスタマイズ YE232 カナリヤ

SD チーク&ハイライト(ローズ)

※写真で見て分かりやすいように少々多めにパウダーを乗せています

左から、ローズピンク単色、イエロー単色、グラデーション、2色を重ねています。

おすすめコスメでも言ったように、シャドーカスタマイズが高発色ではっきりしているので、派手めなメイクにぴったりです。

重ねて使うことで、オレンジがかったカラーにニュアンスチェンジ。

普段使いにぴったりな春色カラーへ生まれ変わりました。

ブルーベースでイエローチークを使いたい人におすすめの組み合わせです。

オレンジ×イエロー

使用コスメ

マジョリカマジョルカ シャドーカスタマイズ YE232 カナリヤ

クレヨンタッチミー TMジェルクリームチーク ネクターオレンジ

クリームチークをベースにイエローチークを重ねてみました。

より肌なじみの良い綺麗なグラデーションができました。

イエローベースの方にとてもおすすめの組み合わせです。

注意!イエローチークと青み系は相性が最悪

 

イエローチークは、青みのあるカラーととても相性が悪いです。

あわせて使うことで、余計肌がくすんでみえたり、血色が悪く見えます。

イエローチークを使うときはアイシャドウやリップにも気を配り、ブルー系、パープル系、青みピンク系を使うのは避けましょう。

また、ラベンダー系のチークと重ねて使うのもとても相性が悪いので合わせない用にしましょう。

しかし、上級者テクニックであえて青み系を合わせるテクニックもあります。

ほんのり青みがかったカラーをイエローチークと合わせることで、透明感が引き出されつつも、くすんだ大人っぽい深みのあるカラーに仕上がります。

扱いが少々難しいですが春夏だけではなく、秋冬にも使えて万能です。

イエローチークが似合う人の特徴

 

日本人は、黄色人種なので殆どの人に似合います。

上級者向きで使いづらいカラーに見えますが、意外と相性が良いんです。

特に、肌の色がイエローベースの人によく似合います。

ブルーベースの人でも、サマータイプの人はうまく使えばバッチリ似合います。

ピンク系と合わせたりニュアンスチェンジ、青みの強いレモンイエローなら問題なく使えます。

ただ、1つ注意なのがブルーベース・ウィンタータイプの人は唯一イエローチークと合わせるのがとても難しいです。

ウィンタータイプの人は、イエロー系を使うと逆に肌がくすんで見えたり、血色が悪くみえてしまいます。

無理にイエローチークを使わず、別のカラーを使うのが無難です。

まとめ

おすすめのイエローチークコスメの紹介、イエローチークについて細かく解説していきました。この春流行のイエローカラーを上手に取り入れて、旬顔メイクにチャンレジしてみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP